choice 地域別!おすすめ予備校 Local Area

福岡のおすすめ予備校 Fukuoka

福岡には国立の九州大学、私立の福岡大学・産業医科大学・久留米大学と4校あり、これは愛知県と並んで全国第3位。また熊本大学・長崎大学など福岡以外の国立医学部を目指す学生も県内、県外から多く集まってくるため、大手から地元密着まで様々な規模の医学部予備校が軒を連ねています。

【福岡エリアの大学の特徴】

難関である国立大学をはじめ医学部・医科大学が集まる

福岡エリアには、九州エリアで難関といわれる国立大学を含めて医学部や医科大学が点在しています。福岡エリアの大学を見ていきましょう。

◆九州大学医学部

  • 募集定員111名
  • 偏差値70.8
  • 6年間に必要な学費 約350万円

◆大学

  • 募集定員105名
  • 偏差値65.7
  • 6年間に必要な学費 約3,070万円

◆久留米大学医学部

  • 募集定員110名
  • 偏差値65.2
  • 6年間に必要な学費 約3,638万円

◆福岡大学医学部

  • 募集定員95名
  • 偏差値64.5
  • 6年間に必要な学費 約3,774万円
福岡エリアの医学部・医科大学のなかでも、国立大学である九州大学は難関大学です。そのほか人気の高い私大もあります。これらの医学部・医科大学を目指すための医学部予備校には、個別指導や全寮制などを備えたところもあり、自分に合った条件で選ぶことが可能です。

【人気が高い福岡エリアの大学】

・九州大学

1903年に帝国大学として設立されて以降、深い歴史を歩んできた九州大学医学部は、全国的にも高いレベルを誇る難関として知られています。こちらの大学で掲げられている目標は、生涯にわたって探求し続ける、医療のプロフェッショナルを育成することです。 医学部は、優れた研究実績を多く持ち研究機関としてのステータスも備えています。キャンパスの敷地内には附属病院や生体防御医学研究所を擁し、さらに医学部のほかに歯学部や薬学部も設置されているため、教育や研究を総合的に行うことが可能です。 医学部の学科は、医学科・生命科学科・保健学科の3つ。医学科は高度な医学教育や研究、生命科学科はヒトや動物の生命科学全般の学習、そして保健学科は看護師や保健師、臨床検査技師など幅広い人材育成を行う学科です。

・産業医科大学

産業医科大学は1978年の設立以降、特に働く人の健康を支える産業医の育成・輩出を行っている大学です。産業社会の環境や特性に着目し、医学的な視点から産業の発展や活性化に尽力すべく、専門的な知識や豊かな人間性を身に着ける教育が行われています。 産業医を育成するという特徴から、カリキュラムでも総合教育や基礎医学、臨床医学などに加え、産業医学の学習も組み込まれています。産業医学教育は6年間を通して行われ、臨床研修に入る前に現役産業医のもとで実習を受けた後、資格を取得することが可能です。 さらに卒業後も産業医学について研鑽を積むシステムが設けられており、意見交換会の開催や相談窓口の設置など多角的にサポートしています。

・久留米大学

久留米大学医学部の設立は1928年であり、長い年月その伝統を保ち続けてきました。附属病院ではドクターヘリを導入した最先端の救急医療を提供しており、学生も優れた医療現場に触れられる環境が整っています。またチーム医療への姿勢にも積極的で、医師や看護師、検査技師などさまざまな分野とコミュニケーションを取れる人材の育成に尽力していることも特徴です。 カリキュラムでは、1年次からPblテュートリアルを取り入れています。これは、自学自習で課題を発見し、学生たち自らが問題を解決する力を身に付けるため。さらに2年次からはコア・カリキュラムが開始され、1つのテーマに対して多角的な方向から深く学んでいきます。 そのほかグローバルに活躍できる医師を育成するため、実践的な英語教育も充実している点も強みです。

・福岡大学

福岡大学医学部は1972年に設立され、医療における高い知識や技術の教育に加えて、高い協調性や倫理観を備えた医療人の育成にも取り組む大学です。医学部には医学科と看護学科があるため、双方の学生間で円滑なコミュニケーション能力を習得し、チーム医療に役立てることができます。 この大学の特徴は、医師としての自覚を高めるため臨床実習に力を入れていることです。臨床実習に備えるために、1年次から医療関連の科目の学習や医療施設の見学、看護体験など臨床に触れる機会を多く作っています。さらに、学生の自主性を伸ばすテュートリアル教育により、問題解決能力を養うことも可能です。

メルリックス学院

福岡校
メルリックス学院(サイトイメージ)
  • 少人数・個別授業少人数・個別授業
  • 寮あり寮あり

徹底して私立医歯学部のみに
狙いを定めた受験指導を実施

メルリックスは医系学部の中でも私立だけを狙うエキスパート。大学によって大きく異なる出題傾向を分析し細やかな入試対策を行い、私立合格のためのオリジナルテキストを作成。また、生徒一人ひとりの学力や適正に応じた指導にも定評があり、6年連続推薦入試の合格者数は日本一です。

メルリックス学院 福岡校の風景

  • 校舎の風景1
  • 校舎の風景2
  • 校舎の風景3

メルリックス学院のポイント!

  • 生徒は勉強だけに集中、面倒なことは予備校にお任せ
    学習面だけでなく、願書取寄せや記入サポート、健康診断など本来時間を割くべき事も予備校主催で行ってくれます。
  • 予備校では珍しい、学費が月謝制
    その月の受講内容に応じた学費だけを都度納めれば良い。推薦等で合格した場合、翌月以降の月謝はなし。
  • 少人数を最大限生かした参加型授業
    1クラス9名以下、学力別に編成されるので周囲は良きライバル。授業中は講師と積極的なやりとりで活気に溢れる。

口コミ

1浪目のときに通っていた予備校は講師が忙しかったため、気になる点を講師に確認することが難しかったです。自習をしていても自分で掘り下げた学習をするのは難しく、自習環境が整っているメルリックスを選びました。志望大学合格に必要な情報がしっかりとそろっており、先生方から英語の添削指導などのアドバイスを受けることもできました。結果、無事志望していた医大に合格。合格までの道のりをしっかりと描いてくれる予備校だと思います。
もともと文系大学を卒業して銀行に勤めていたのですが、どうしても医師になりたいという気持ちが強くなり、退職して受験勉強へ。最初に入ったのは個別指導の医学部受験予備校だったのですが、結果は不合格に終わりました。気持ちを入れ直してメルリックスに入り直し、文系再受験組の具体的な勉強法のもとで徹底して指導してもらいました。特にⅢCと理科の進め方が具体的で良かったですね。一般受験を目指していたのですが、メルリックスの指導のおかげで、一歩先に金沢医大の編入試験に合格!晴れて夢への第一歩を踏むことができました。
中高一貫校で寮生活をしていたのですが、なかなか自分の肌に合わず勉強に集中することができませんでした。医学部を目指したものの、現役では不合格。浪人が決まり、現役のときにお世話になったこともあるメルリックスに正式に入塾しました。数学が苦手だったのですが、チューターさんが熱心に指導してくれたおかげで、最終的には何とか脚を引っ張らない状態にまで克服。福岡大学特有の面接対策も万全に行い、自信を持って試験当日に臨みました。メルリックスのおかげで自分の力を出し切れたことが勝因だったと思います。
大手予備校の医学部コースで2浪したものの、1次試験すらパスできない状態で3浪目を迎えました。3浪目でメルリックスに入塾したところ、今までいた大手予備校とは全く違った雰囲気であることに驚きました。 何より「医学部受験は団体戦だ」という全体の意識。互いに切磋琢磨しながら、全体で成績を伸ばしていこうという独特の意識が浸透していました。この環境が私には良かったと思います。結果、1次試験すら通過できないでいた自分が、3浪目にして3校の医学部の合格通知書を手にすることに。メルリックスを選んで本当に良かったです。
合格実績
  • ●岩手医科大学 14名
  • ●東北医科薬科大学 1名
  • ●獨協医科大学 9名
  • ●埼玉医科大学 4名
  • ●国際医療福祉大学 2名
  • ●杏林大学 7名
  • ●慶應義塾大学 1名
  • ●順天堂大学 3名
  • ●昭和大学 7名
  • ●帝京大学 8名
  • ●東京医科大学 7名
  • ●東京慈恵会医科大学 1名
  • ●東京女子医科大学 17名
  • ●東邦大学 6名
  • ●日本大学 5名
  • ●日本医科大学 7名
  • ●北里大学 20名
  • ●聖マリアンナ医科大学 18名
  • ●東海大学 16名
  • ●金沢医科大学 16名
  • ●愛知医科大学 3名
  • (2017年現在)

校舎案内

所在地 福岡市中央区舞鶴1丁目1番11号 天神グラスビルディング2F
電話番号(※電話受付時間) 0120-142-762 9:00~22:00
アクセス方法 ・地下鉄「天神」駅より5分
その他の校舎 渋谷校

メルリックス学院の詳細を見る

大宰府アカデミー

福岡校
大宰府アカデミー(サイトイメージ)
  • 少人数・個別授業少人数・個別授業
  • 全寮制全寮制

全寮制予備校で通学時間も無駄にしない

大宰府アカデミーは九州でも数少ない、全寮制タイプの医学部予備校。教室と寮が一体になっている内寮なら、通学に必要な時間も全て勉強へ費やすことが可能、外寮でも2分以内に到着するのでほとんどムダはありません。栄養士による食事管理、セキュリティや健康管理も万全です。

大宰府アカデミー 福岡校の風景

  • 校舎の風景1
  • 校舎の風景2
  • 校舎の風景3

大宰府アカデミーのポイント!

  • 全生徒に毎日マンツーマンの授業チェック
    授業で出された課題を理解できているか、講師と生徒がマンツーマンでチェックする時間を毎日全員分確保。
  • 対話形式で超参加型授業を展開
    一方的な授業は皆無、生徒にバンバン発言を促すので、常に緊張感ある授業を展開。集中力と理解力UPに繋がる。
  • 遅刻・欠席の徹底チェックを実施
    無断欠席の場合、スタッフが生徒自室に電話。出ない場合は自室まで様子を見に来るため甘えは一切許されない。

口コミ

高校3年間、いっさい勉強などしたことのなかった私。そんな私が医学部を目指すという途方もない目標を持ち、浪人して大宰府アカデミーに入塾しました。忘れもしない、入塾して最初のテストは全科目最下位(笑)。物理にいたっては、なんと0点を取ってしまいました(笑)。 そんな私を見放すどころか、真剣に向き合ってくれた先生方、教務の方々、仲間たちには本当に感謝しています。おかげ様で無事、岩手医科大学への合格を果たしました。一人前の医師になれるよう、これからも毎日精進していこうと思います。
先生や職員の方と距離が近い予備校でした。自習中は先生が常に控えているので、疑問が生じるとすぐに質問できる環境。職員室には自由に出入りができるので、ストレスのたまった日などは世間話などをしに、よく伺いました。 また、よく言われることですが、大宰府アカデミーは食事が最高です。部屋も綺麗で、受験生には本当に理想的な環境でしたね。 昨年全敗でしたが、今年は無事医学部に合格。2校に正規合格、3校に一次合格という予想以上の結果で受験生活を終えました。
大宰府アカデミーには2年間お世話になりました。当初は無謀な挑戦だったのですが、アカデミーのおかげで今年、無事に医学部に合格を果たすことができました。先生方の指導を素直に受け入れること。それこそが、医学部合格への最短距離だと実感しました。 教務や庶務のスタッフさんや寮母さんが、いつも優しく励ましてくれたことにも心から感謝しています。ともに受験勉強をした仲間たちとの出会いも、私の人生にとってかけがえのない財産です。
合格実績
  • ●久留米大学 1名
  • ●福岡大学 1名
  • ●金沢医科大学 2名
  • ●川崎医科大学 5名
  • ●愛知医科大学 2名
  • ●帝京大学 1名
  • ●東京慈恵会医科大学 1名
  • (2017年現在)

校舎案内

所在地 福岡県太宰府市朱雀2丁目8-8
電話番号 092-918-0666 運営時間の記載なし
アクセス方法 ・西鉄大牟田線「二日市」駅東口より徒歩7分
その他の校舎 なし

大宰府アカデミーの詳細を見る

メディカルラボ

福岡校
メディカルラボ(サイトイメージ)
  • 完全個別授業完全個別授業
  • 寮あり寮あり

常時マンツーマン指導で
一人ひとりのペースに合わせた対策

メディカルラボは医学部予備校の中で唯一「完全個別授業」を採用しているため、個人個人の力量・ペースに合わせた指導が受けられると評判です。授業を聞くだけではなく、演習・習得までを1コマ150分の中で通して行うスタイルなので、1回の講義で重要ポイントがマスターできます。

メディカルラボ 福岡校の風景

  • 校舎の風景1
  • 校舎の風景1
  • 校舎の風景1

メディカルラボのポイント!

  • レベル・志望校によって最適な個別指導が受けられる
    プロの講師が生徒一人ひとりに対して最適な講義をするので、無駄になる時間が一切なく150分をフル活用できる。
  • 個別担任制で合格まで手厚くサポート
    個別担任が学習進度、得手不得手などを教科担任からヒアリング、定期的な面談・カリキュラム修正等臨機応変に対応。
  • 全国25校舎のネットワーク
    医学部予備校の中では校舎数が多い。受験した生徒から全国の医学部受験情報が多く集まり、即情報共有される。

口コミ

とにかく早めに基礎を固めたことが勝因だったと思います。たとえば英語の場合、センターレベルの知識を早めにマスターして、長文の音読に割く時間を十分に作りました。小論文や面接は1対1で徹底して指導していただいたおかげで、かなり力が付いたと実感しています。 メディカルラボのおかげで、現役の私が第一志望だった横浜市立医学部に合格。ほかにも、慈恵医大や順天堂、東京医科、昭和、東邦と計6つの医学部に最終合格を果たしました。
メディカルラボには、毎日朝9時から夜10時までいました。ひたすら授業と自習の繰り返しです。授業のない日は一日中、自習室で勉強していました。先生たちの指導にしたがった勉強を一生懸命続けたおかげで、無事、第一志望だった島根大学医学部に推薦で合格。中学時代の友達から「1年間遊ばないで、よく頑張ったね」と言われて感動してしまいまいした。 努力はぜったいに裏切りません。医学部を目指す方々は、受験以外のことを一切捨てて合格への最短距離を突っ走ってください。
高校3年からメディカルラボに入塾。先生たちの指導のおかげで、無事に第一志望の東邦大学に合格することができました。 メディカルラボに入って良かったと思う点はいくつかありますが、中でも特に1対1の指導は本当に役立ちました。それまで漫然と解いていた分野に根拠を持って解答できるようになったのは、メディカルラボの1対1指導のおかげだと思っています。 時に優しく、時に厳しく指導してくださった先生方。先生方のどんな指導も、私にとってのかけがえのない思い出です。
合格実績
  • ●旭川医科大学 2 名
  • ●札幌医科大学 1 名
  • ●弘前大学 3 名
  • ●福島県立医科大学 2 名
  • ●筑波大学 3 名
  • ●群馬大学 3 名
  • ●防衛医科大学校 6 名
  • ●千葉大学 3 名
  • ●東京大学 1 名
  • ●東京医科歯科大学 1 名
  • ●新潟大学 3 名
  • ●富山大学 2 名
  • ●福井大学 3 名
  • ●山梨大学 1 名
  • ●信州大学 5 名
  • ●岐阜大学 6 名
  • ●浜松医科大学 6 名
  • ●名古屋市立大学 7 名
  • ●名古屋大学 3 名
  • ●三重大学 3 名
  • ●滋賀医科大学 1 名
  • ●京都府立医科大学 1 名
  • ●大阪大学 1 名
  • ●大阪市立大学 1 名
  • ●神戸大学 2 名
  • ●奈良県立医科大学 3 名
  • ●和歌山県立医科大学 4 名
  • ●鳥取大学 3 名
  • ●島根大学 1 名
  • ●広島大学 2 名
  • ●山口大学 3 名
  • ●徳島大学 2 名
  • ●香川大学 3 名
  • ●愛媛大学 10 名
  • ●高知大学 7 名
  • ●佐賀大学 2 名
  • ●長崎大学 6 名
  • ●熊本大学 2 名
  • ●大分大学 3 名
  • ●宮崎大学 4 名
  • ●鹿児島大学 5 名
  • ●琉球大学 2 名
  • (2019年現在)

校舎案内

所在地 福岡市中央区天神1-12-7 福岡ダイヤモンドビル 8F
電話番号 092-735-3114/0120-456-847 9:00~22:00
アクセス方法 ・地下鉄空港線「天神」駅に地下で直結 ・西鉄「西鉄福岡」駅より徒歩3分
その他の校舎
小倉校:
〒802-0001 福岡県北九州市小倉北区浅野1-1-1 小倉ターミナルビル8F
TEL:
093-513-8110/0120-456-881(年中無休 9:00~22:00)
アクセス:
JR「小倉駅」より直結
札幌校、仙台校、さいたま校、千葉柏校、千葉津田沼校、東京お茶の水校、東京新宿校、東京池袋校、東京立川校、横浜校、静岡校、名古屋校、金沢校、京都校、大阪梅田校、大阪なんば校、神戸校、岡山校、広島校、松山校、熊本校、鹿児島校、那覇校

メディカルラボの詳細を見る

富士学院

富士学院(サイトイメージ)
  • 完全個別授業完全個別授業
  • 寮あり寮あり

プロ講師による徹底指導
個別から少人数制までプロ講師が一貫して指導

日本で一番難しい講師採用試験をパスしたプロ講師による徹底指導 福岡を始め、東京や名古屋、大阪、岡山など全国に8校を展開する富士学院。1996年に開校して以来、一貫して医学部医学科を目指す受験指導のみを行っている予備校です。業界でもっとも難しいと言われる富士学院の講師採用試験。その難関を突破したプロ講師が、個別と少人数制を通じた徹底指導を行います。開校以来、2019年度までの医学部医学科の累計合格者数は1,841名!

富士学院のポイント!

  • .2019年度の医学部医学科合格者は延べ284名!
    2019年度入試で富士学院から医学部医学科を目指した受験生は333名。そのうち173名が最終合格を果たしています。延べ合格者数では284名という脅威の合格実績!
  • 少人数制と個別をミックスした効率的な学習
    少人数制集団授業と1対1個別指導を使い分けた、効率性重視の授業スタイルを徹底。各生徒の弱点や思考の特徴などに合わせ、一人ひとりに違ったカリキュラムを提案します。
  • 学習状況を保護者と共有!三者面談も年数回実施
    毎月保護者宛てに、お子様の学習状況や以後の指導方針などを含めた授業報告書を送付。また年に数回は三者面談を行い、生徒・保護者・教務の全員で情報と目標の共有を行います。

口コミ

浪人1年目は、大手予備校の特進クラスに入塾。医学部を目指して1年間頑張りましたが、まったく成績が伸びずに惨敗でした。気持ちを入れ直し、2年目は富士学院に転塾。春には医学部合格など夢のまた夢という成績でしたが、最終的には福島県医と日医の2校に合格。やっと医師としてのスタートラインに立った格好です。 合格の決め手は、何と言っても富士学院の学習環境。生徒への充実のサポート、少人数制授業、生徒一人ひとりに合わせた弱点フォローなどが、大手予備校とは全く違っていました。
ハッキリ言って、私の成績で筑波の医学類に合格できたことは奇跡だと思います(笑)。それでも合格できたのは、ほかでもない試験前日の先生からの電話指導です。 試験1日目、案の定、最悪でした。それでも一応1年間頑張ってきたのだからと、諦めずに2日目に備えて寝ようとした夜12時、たまたま先生と電話で話す機会が。先生から電話で面接指導をしっかりと受けたおかげで、2日目は自信を持って面接試験に臨むことができました。結果、面接での大逆転合格!だったのだと思います。 最後まで諦めずに指導してくれた先生には感謝してもし切れません。
部活中心で過ごした高校3年間。範囲すら終わっていない状況で医学部を受験しましたが、当然のごとく不合格でした。 浪人して富士学院のお世話になり、受験勉強を一からスタート。知識を入れるところから始めて、少しずつ実践力を付けていくという王道の方法を徹底しました。面倒見の良い先生方のおかげで、成績はどんどん上昇。最終的には千葉大医学部への合格を果たしました。 今は医学部など遠い存在と思っている受験生でも、1年間死ぬ物狂いで勉強すれば、きっと何とかなります。私が証人です。

校舎案内

所在地 福岡県福岡市博多区博多駅南3-2-1
電話番号 0120-5251-22
アクセス方法 JR「博多駅」より徒歩約11分
その他の校舎
小倉校:
〒802-0014 福岡県北九州市小倉北区砂津3-2-18
TEL:
0120-08-9179
アクセス:
JR「小倉駅」より徒歩約10分
東京御茶ノ水校、東京十条校、名古屋校、大阪校、岡山校、鹿児島校

富士学院の詳細を見る

PMD医学部専門予備校

PMD(サイトイメージ)
  • 完全個別授業完全個別授業
  • 寮あり寮あり

ゼミ形式の少人数制授業と
生徒の特徴に応じた個別指導

PMD医学部専門予備校は、福岡を中心に九州で計4校を展開する医学部・歯学部・獣医学部志願者の専門予備校。個別指導と少人数制指導を交えた受講形式を通じ、生徒一人ひとりの特徴に応じて最短距離での志望校合格を目指します。生徒と講師のキャッチボール形式で進めるゼミ形式の授業が特徴的。

PMD医学部専門予備校のポイント!

  • 他の医学部予備校をしのぐ圧倒的な授業・演習時間
    「国公立医学部コース」は年間1740時間、「私立医学部コース」は年間1520時間と、他の医学部予備校をしのぐ圧倒的な授業・演習時間。絶対的な学習量の確保をベースに、最短での医学部合格を目指します。
  • 自習・授業・テストのサイクルを徹底管理
    課題→授業→復習→暗記テスト(毎日)→確認テスト(週1)→定期テスト(月1)を、ひたすら実直に反復して1年を過ごします。逃げることのできない環境で、生徒全員の合格を塾が力強く導きます。
  • 生徒の特徴に合わせた受験校の提案
    PMD医学部専門予備校では、生徒一人ひとりの特徴や個性に合わせ、より合格率が高くなるであろう受験校を徹底して検討。12月の面談において、少しでも合格可能性の高い受験校を保護者に提案します。

口コミ

私が医学部に合格できた理由は、PMDの柔軟な対応です。私は色々と要求が多い性格であることを自覚しているのですが、そんな私に柔軟に対応できるのはPMDくらいしかなかったと思います。 途中で先生が合わず、変えてもらったことがありました。浪人生で先生を変えるという例は、私が初めてだったそうです。そのほかにも、私のワガママをとことん受け入れてくださいました。 そんなPMDの誠意ある対応を見て、「私もワガママばかり言わず頑張らなければ」と思ったのが、結局は合格への原動力になったのだと思います。
大手予備校で1年間浪人したものの、医学部には不合格。PMDに転じて1対1の授業を受け、なぜ私が不合格だったのかを思い知ることになりました。とても簡単な理由なのですが、私は基礎ができていなかったのです。基礎が固まっていない状態で、大手予備校では実践的な問題ばかりやっていたので、合格するわけがありません。1対1の指導で自分の現状と向き合うことができて、本当に良かったと思います。 「自分は出来る」という根拠のない自信を捨て、基礎を徹底して固めたことが私の勝因です。
何年浪人したのか忘れたくらいの年齢になってから、PMDに移りました(笑)。やっと医学部に合格できて、嬉しいというよりもホッとした心境です。 私は何かを強制されないと動けないタイプだと思うのですが、PMDでは日曜日の演習も含めて、何から何までやることが決められていました。やることが決められていれば、俄然やる気が出る私(笑)。猛烈に勉強させてもらったおかげで、ようやく医学部合格を果たした形です。 実際に医学部に入学してみたら、受験以上にキツいことにビックリしましたが…

校舎案内

所在地 福岡県福岡市中央区大名2-11-25 新栄ビル6F
電話番号 092-406-7088
アクセス方法 福岡市地下鉄空港線「赤坂駅」より徒歩2分
その他の校舎 熊本校(個別)、鹿児島校(個別)、長崎校(個別)

PMD医学部専門予備校の詳細を見る

九州医進ゼミ

九州医進(サイトイメージ)
    z
  • 完全個別授業完全個別授業
  • 寮あり寮あり

少数精鋭指導で圧倒的な合格率
を叩き出す医学部専門予備校

九州医進ゼミは、久留米市にある「久留米ゼミナール」の医学部専門部門。昭和52年に開校した「久留米ゼミナール」の一部門として、地域では高い評価を集めている医学部専門予備校です。定員48名の受講生に対し、2019年はのべ47名の医学部正規合格者を輩出!

九州医進ゼミのポイント!

  • 他校を圧倒する驚異的な医学部合格率!
    九州医進ゼミの定員は、国立コースが16名、私立コースが24名、ベーシックコースが8名の計48名。うち2019年度の合格者数は、延べ人数で国立8名、私立39名。圧倒的な合格率を誇る医学部専門予備校です。
  • 勉強時間は1日15時間!年間休日は12日!
    わずか10ヶ月という短期間で医学部合格の力を身に付けるためには、他の受験生をしのぐ勉強量・勉強時間が必要。九州医進ゼミでは、年間休日を12日、1日15時間の勉強を全受講生に課します。
  • 細やかなテストを通じて確実に定着を図る
    基礎力の確認を目的とする朝テスト、単元の確認をする小テスト、総合理解を確認する習熟度テスト。九州医進ゼミでは、学んだ知識を実践的に使えるようにするよう細やかなテストを頻繁に実施しています。

口コミ

去年は全敗だったこの私が、今年は第一志望の岡山大学を含め、計5校の医学部に合格することができました。 合格の要因は、九州医進ゼミの徹底した学習管理です。まず、タイムカードで登下校を管理されます。授業は少人数なので、サボることができません。結果として、1日に10時間は強制的に勉強することになります。この勉強量ならば、どんな受験生でも医学部合格が現実的なものとなるでしょう。 先生たちの細かい指導にも、心から感謝しています。九州医進ゼミを選んで、本当に良かったです。
朝9時から夜10時までの勉強が必須です。私もかなり勉強をやりましたね。去年通っていた大手予備校とは、まったく環境が違います。 自習時間も十分に取りながらの受験勉強になるのですが、自習室の近くに教職員室があるので疑問点はすぐに解消できました。最終的には、いわゆる苦手科目が一つもない状態で受験を迎えました。 絶対の自信のもとで臨んだ受験でしたが、最終的には6校の医学部に合格。全滅だった去年を振り返ると、考えられないような結果です。
分からないところを1つ1つ潰していくという気持ちで、とにかく先生に足しげく質問に通いましたね。丁寧に指導してくださったおかげで、少しずつ穴がなくなっていったことが医学部合格の要因だったと思います。同じ質問にも何度も付き合ってくださった先生方に、心から感謝しています。 第一志望の鹿児島大学の合格発表の日を、一生忘れません。ほかにも私立3校に合格しました。医進で学んだことを糧にして、これからも一生懸命努力していきたいと思います。

校舎案内

所在地 福岡県久留米市天神町2-56
電話番号 0942-35-0600
アクセス方法 西鉄天神大牟田線「西鉄久留米駅」よりバス10分
その他の校舎 なし

九州医進ゼミの詳細を見る

【福岡で医学部予備校を探す】

福岡にある医科大学の特徴

福岡には医学部を有する大学が、九州大学、久留米大学、福岡大学、産業医科大学と4校もある点が特徴的です。また、九州エリアは人口あたりの医師の数が多いことでも知られています。時代的な背景もあり、昔から医学の先進エリアとして発展してきたことがうかがえます。九州エリアでは学業に長けた学生は県内にある医大進学を希望するケースも多く、こうした地元志向の強さも特徴として挙げられます。それだけに各医大のレベルは高く、競争率も高いと考えられます。

福岡にある予備校の実情

地方都市の筆頭として挙げられる福岡。医学部のある大学が多いこともあり、数多くの予備校が福岡県内にて展開されています。予備校の特徴は二極化しており、豊富な合格実績と知名度が魅力の大手予備校。各医大に特化したカリキュラムを少人数制で行う地元予備校です。特定の医大を志望しているようであれば、その大学における合格実績が豊富で面接や小論文対策を行っている予備校を選ぶのが賢明です。
  • 医学部に合格させる保護者の心得
  • 医学部専門予備校の選び方

メニュー