医学部予備校ナビ「医学部への道しるべ」 » 地域別!おすすめ医学部予備校 » 岩手の医学部予備校

岩手の医学部予備校

東進衛星予備校

完全個別授業

様々な独自の学習スタイルと実力派の講師陣の授業展開で合格を目指す
東進では、「高速学習」や「スモールステップ法」など独自の学習方法を展開しています。小さな積み重ねを繰り返して少しずつ理解度を深めながら、合格への道筋を立てていきます。数多くの有名講師による分かりやすい授業が特徴的なスクール。つまずきやすいポイントをそれぞれの経験や知識で、レベルに合わせて分かりやすく攻略法を教えてくれます。

予備校のポイント!

IT技術を駆使した高速学習

東進の映像学習の授業の種類は約10,000を超えるとのこと。それぞれ個別に受講できるので、自分のレベルに合わせた映像を選び学べるのが魅力です。映像授業は自宅での受講ももちろん可能。自分のペースに合わせた授業の進め方で学力アップを目指します。さらに映像は自分で速さを調節出来るので、最速で1.5倍のスピード再生も可能。効率よく利用することで時間短縮を図り、より多くの映像授業を見るのをおすすめします。

スモールステップ学習法

東進では、「スモールステップ学習法」を採用しています。12段階のレベルの中から、自分に合ったレベルを起点に少しずつ積み重ねてレベルアップしていく学習法です。授業ごとにレベル確認テストがあるので、どのくらい理解しているのか、講師と生徒がその都度確認しながら進められるのが魅力です。

東進独自の模試を繰り返し行う

東進模試では、常に本番の試験環境のような雰囲気で開催します。受験会場の雰囲気をより早く体感出来るので、当日の緊張感が減るでしょう。試験結果は中5日ほどで返却され、間違ったところをすぐに見直せるのが嬉しいポイント。繰り返し学ぶことで学力アップを目指します。学力レベルが詳細に書かれているので、自分の苦手な部分を分析することが出来る内容です。

口コミ・評判

いろいろな種類、大学別、夏期、冬期などの講義があり、自分にマッチしたものを選択すれば間違いなく力はつくと思いました、テレビで有名な先生もありました。駅に近いのでアクセスはとても良いと思いました。仕切りが設けてあるので集中して勉強できると思います。

参照元:塾ナビ公式HP https://www.jyukunavi.jp/hyouban/blist/17316.html?pref_cd=p03

担当の先生が、とてもフレンドリーで話しやすかったです。受験の相談もしやすかったので良かったです。フレンドリーだけでなく、厳しく指導もしてくれました。

参照元:塾ナビ公式HP https://www.jyukunavi.jp/hyouban/blist/17316.html?pref_cd=p03

東進衛星予備校  2022年度合格実績

国公立大

私立大

校舎案内

代ゼミサテライン

個別ブースとプロの講師陣による分かりやすい授業で合格までサポート

代ゼミサテラインでは、時間を有効活用する進め方が特徴。いつからでも受講を可能にし、やる気ある生徒を全力でサポートするスクールです。例えば、部活引退後から受講開始しても大丈夫なよう「速習講座」を開催。自分だけの時間割を作り短期で集中できる受験システムを可能にしています。毎日忙しい現役生の味方に考え抜かれた学習システムを用意しているスクールです。

予備校のポイント!

個別ブースとヘッドホンで勉強に集中

代ゼミサテラインでは、個別ブースからヘッドホン付きで映像授業を行います。周囲の雑音に惑わされることなく、勉強に集中できるのが魅力的です。1対1の授業をより集中して受けることが出来るでしょう。講座は一覧から選択するだけのシンプルなシステムなので、誰でも簡単に操作が行えます。講座は約2000種類の豊富な講座の中から自分に合ったものを選べて効率的です。

プロの講師陣が勢ぞろい!分かりやすい面白い授業

代ゼミサテラインの授業はプロの講師陣が勢ぞろいしており、それぞれの先生が魅力ある授業を展開しています。どの講師も実力派ぞろいで、楽しみながら授業に集中できそうです。学ぶことの面白さや楽しさを臨場感あふれながら学べるので、あっという間の「90分」を体感できるでしょう。

受験のエキスパートが勢ぞろい!

代ゼミサテラインでは、受験のエキスパートから的確なアドバイスをもらうことが出来ます。学習レベルや生活リズムに応じた講座の組み立て方を分かりやすくアドバイス。無理のない時間割で効率よく学べるのが特徴です。

口コミ・評判

岩手英智予備校(代ゼミサテライン予備校)の口コミはありませんでした

代ゼミサテライン 合格実績

2021年度合格実績

医学部医学科

校舎案内

河合塾

80年の指導実績と最新の入試分析データを組み合わせたカリキュラム

河合塾では、長年の指導実績に基づいた指導法と最新入試データから、効率的でオリジナリティあふれるカリキュラムを提供しています。コースは数や内容も豊富で、クラスも多数。生徒一人ひとりに合った学習を選べるのが魅力的です。仮に入試内容が変化したとしても、それに即座に対応できるカリキュラムが作られているので、迷いなく受験勉強に集中することが出来るでしょう。

河合塾のポイント!

医学部受験に精通したチューターによるサポート

河合塾では、医学部受験に精通した(個別講師)が多数在籍しています。受験生の先輩として、悩み事や学習面のサポートする役割をもっており、情報共有や悩み相談など様々な面で受験生を支えていきます。また、難関志望者には特別カリキュラム「ONE WEX講座」を実施。この講座で高度な応答力や答案作成力が身につけ、学力が飛躍的にあげられるような内容を盛り込んでいます。

「インプット」と「アウトプット」の繰り返し学習

河合塾で取り入れてる学習法は「インプット」と「アウトプット」の繰り返しです。知識の定着をはかる学習法で、生徒一人ひとりに合ったレベルで指導しています。志望校合格へ向けて質の高い学びを行えるよう全国の実力派講師が作成した河合塾独自のテキストで合格へと誘導。今までの入試問題から分析と最新のデータを組み合わせた独自のテキストで、入試本番で活かされる知識を修得していきます。

講師とチューターによるバックアップ体制

河合塾の講師とチューターは受験生を毎日サポートします。講師は、主に学習面のサポートを行い、新しい入試対策を繰り返し授業やテストなどで伝えていきます。生徒の理解度をしっかりと確認しながら指導するため、「分かったつもり」が少なくなっていくのが魅力です。

口コミ・評判

岩手県の河合塾口コミは見つかりませんでした

河合塾   2022年度合格実績

※河合塾マナビス法人計 

医学部医学科

校舎案内

メディカルラボ

オンラインでも全教科が学べる!

メディカルラボでは、独自のカリキュラムに基づき、生徒一人ひとりに合った勉強法を提案していきます。完全個別指導のため集団授業では分からなかった部分もマンツーマンで徹底指導。分からないをなくし苦手科目の学力底上げをはかります。メディカルラボでは、オンラインでも全教科対応しているので、通塾が難しい地域でも都心と同じ授業が受けられます。また、マッチング指導を採用していて、生徒の特性に合った大学選びが行われます。志望校ももちろんですが、自分に合った大学とマッチングすることで合格率を上げていきます。

予備校のポイント!

独自のカリキュラムメソッド法

メディカルラボでは、最短ルートで受験生を合格までサポート。独自のカリキュラムに基づいた指導法で志望校合格ラインを見据えた勉強を行います。苦手な科目をポイントで割り出し克服することと、得意科目はさらに知識を深めるように伸ばしていく学習法です。

マンツーマンの個別指導がオンラインで

オンライン授業では、通常指定科目のみの予備校が多い中、メディカルラボでは全科目オンライン授業を行っています。さらに、完全個別授業のため、しっかりとその場で講師と やりとりが可能です。生徒一人ひとりの理解度や学習進度によって授業の進め方を変えてくれます。

マッチング指導で、大学選びも

生徒一人ひとりの学力と出題傾向にあわせた大学選びを行っているメディカルラボ。生徒に合わせて合格率が高い大学とマッチングさせた指導法を行っています。志望校の他に、マッチングで割り出した大学と併願することで、相性の良い大学を知り合格へと導きます。

口コミ・評判

とても多い情報量を整理しながら、自分に合った大学や合格までの最短ルートを提示してくださいました。マンツーマンの個別授業で、タイムリーに質問をしながら正確に問題を解釈・解答できるようになり、おかげで合格できました。

参照元:メディカルラボ公式HP http://www.medical-labo.com/record/voice/public_m/wada/

メディカルラボ 2022年度合格実績

医学部 国公立大学 最終合格176名

医学部 私立大学 最終合格1,094名

歯学部 国公立大学 最終合格8名

歯学部 私立大学 最終合格211名

校舎案内

岩手のおすすめ予備校

岩手県は、面積が最も広い県で、山間部や沿岸部など交通の利便性があまりよくない環境の地域も存在します。県庁所在地の盛岡市周辺では、偏差値の高い盛岡第一高校や盛岡第三高校があるため、医学部志望の学生はどちらかの高校に進学することが多いようです。今回は、岩手のおすすめ予備校を解説していきます。

岩手エリアの予備校の特徴

岩手の予備校はほとんどが、大手の予備校なっており、数もあまり多くありません。また、都市部に集中しているため、山間部や沿岸の方には通いにくいという難点もあります。その場合は、全国展開をしているオンラインの予備校を利用すれば、利便性の面で通えない学生も都市部と同じ授業が受けることが出来るでしょう。自分の生活環境に合った予備校選びが最も重要になってきます。

予備校を選ぶなら

岩手県の予備校は、あまり多くありません。岩手県で医学部を志望する学生は、大手の予備校の校舎に通うか、オンライン授業を利用するかになっていくでしょう。隣県の仙台では、多くの予備校があるため、足を運んで授業を受ける学生も大勢います。自分に合った予備校を選ぶなら、数多く予備校が存在する仙台市まで視野を入れて検討する方が良いでしょう。

岩手で医学部大学に入学するなら?

岩手県では、岩手医科大学の1校のみしかありません。そして岩手医科大学は私立大学のため学費面からみると、国公立の大学よりはるかにかかってしまいます。岩手での医学部に入学をするためには、しっかりとした受験対策と、学費面での負担、両方の対策をしながら受験に臨んでいかなければなりません。隣県には、公立の医学部があるので、1つの医学部だけではなく、複数の医学部を視野に入れながら勉強に励んでいくのが一般的な傾向です。

岩手医科大学医学部

・募集定員 一般入試73名
・偏差値65.0
・6年間に必要な学費 約3400万円

岩手医科大学医学部の特徴

岩手医科大学は医学部、歯学部、薬学部、看護学部があります。医学部は早期体験学習を取り入れ、早い段階から医療の現場と同じ体験をする事が可能。1学年では看護や施設看護の実習救急心肺蘇生法などの実技を3学年では救急車への同乗や救急センターでの当直も体験できます。

また、地域医療現場での実践に力を入れ、医師の役割の重要性を体感させ、将来有望な医師へと育て上げていきます。

カリキュラムでは、1学年で4科目と基礎医学を学びます。1学年後期からは専門教育を学び、臨床実習は4学年から実践的な学習へ。語学面では地域医療実習を行いシチューデントドクターとして診療に参加。総合性を重視しプライマリーケアを重点的に学びます。6学年になると大学病院の外で臨床実習を行い現場ですぐに活躍できる医師に育成させていくのが特徴です。