医学部予備校ナビ「医学部への道しるべ」 » 地域別!おすすめ医学部予備校 » 山形の医学部予備校

山形の医学部予備校

個別教室のトライ

マンツーマン指導で細やかな所までサポート

個別教室のトライでは、マンツーマン指導で生徒の苦手科目を細やかな指導で徹底的にサポートします。個別教室トライでは、オーダーメイドカリキュラムを作成。一人ひとりの学力や生徒の特性をデータに基づき把握、カリキュラムに沿って指導を行います。目標設定が細かくされているので、それに向かって学習を進めるだけ。最短ルートで勉強法を割り出しているので、迷いなく学習に集中できます。

個別教室のトライのポイント!

個性に合わせたオーダー式カリキュラム

個別教師のトライでは、個性に合わせたオーダー式カリキュラムを作成します。生徒一人ひとりの学力や特性を正確に診断。それぞれ得意科目や苦手科目、学習状況や勉強方法が異なるので、生徒に合った勉強方法を提示します。医学部合格への道筋を立てて、計画的に学習を行うので、勉強に集中して取り組めます。

和田式メソッドで学習指導

個別教室のトライでは「和田式メソッド」を取り入れています。医学部受験を研究しつくした和田式メソッドは、合格までのカリキュラムを無駄なく組み込んでいるので学習に集中できます。志望校の出題傾向と受験生の学力レベルに合わせた指導法なので一人ひとり違いがあり、生徒の学習定着を優先した指導となっています。

質の高い講師による個別指導

個別教室トライでは、質の高い講師陣が全国から集められています。常に生徒の理解度を把握しながらマンツーマンで指導しているので、授業の進め方を常に計算しながら対応しています。苦手科目は基礎部分から徹底的に指導し、知識の定着をはかってから次に進むので、集団授業で理解しにくい子でもしっかりと復習できます。

口コミ・評判

マンツーマン指導でしっかりと教えてくれます。60分間授業を受け、60分間問題演習する形式でした。授業が復習できる点が良いと思います。自習用の机は比較的多かったようです。室内も整理整頓されていてよかったと思います。

参照元:塾ナビ公式HP https://www.jyukunavi.jp/hyouban/blist/12.html?pref_cd=p06

料金について明瞭に提示してくれるのでわかりやすいと思います。また入会金が無料中だったのでとてもありがたかったことです。講師の先生は、個人の実力に合わせてていねいに指導してくれます。若い男性の先生で個人的にとても話しやすかった印象です。

参照元:塾ナビ公式HP https://www.jyukunavi.jp/hyouban/blist/12.html?pref_cd=p06

個別教室のトライ 山形寿町校 2022年度合格実績

他多数

校舎案内

メディカルラボ

生徒の特性に合わせた「マッチング指導」

メディカルラボでは、マッチング指導を採用しています。マッチング指導というものは、生徒の特性から大学選びを行う指導法。生徒が合格しやすい大学を割り出し、志望校と併願することで合格率を上げています。メディカルラボは、オンラインでも全科目対応しているので、通学が難しい地域の生徒でも医学部受験に向けて自宅にいながら都心の授業が受けられます。マンツーマンで指導してくれるので、分からなかった問題をそのままにせず、しっかりと分かるところまでサポートします。得意科目はさらに学力を伸ばせるように指導し、苦手科目は苦手をなくし学力を底上げします。

予備校のポイント!

志望校の合格ラインを見据えたカリキュラム

メディカルラボでは、独自のカリキュラムを組んで、生徒一人ひとりの特性や学力、勉強法を踏まえた授業を実施。自分に合った勉強法で学習を進めるので、より分かりやすく目標に近づきやすくなります。志望校合格までの道筋が分かっているので学習法に迷うことはありません。

合格に近い大学をマッチングし、合格率をあげる

メディカルラボでは「マッチング指導」という独自の指導があります。マッチング指導というのは、生徒の学力や大学の出題傾向をみて大学を選ぶ方法のこと。自分が目指している志望校の他に、自分の特性に合った大学にも受験することで合格率をあげ、生徒の自信へにも繋げています。

完全個別の授業で分からないをなくす

メディカルラボではオンラインでマンツーマンで指導します。科目は全教科対応しているので、自分の勉強法にあった科目選択が自由にできます。例えば、通塾が難しい方、勉強法が分からない方、全ての授業を受けたい方などは全ての授業を選択しても良いでしょう。反対に、苦手科目だけじっくりと受けたいという方は1科目から授業を受けられます。

口コミ・評判

メディカルラボの口コミは見つかりませんでした

メディカルラボ 2022年度合格実績

医学部 国公立大学 最終合格176名

医学部 私立大学 最終合格1,094名

歯学部 国公立大学 最終合格8名

歯学部 私立大学 最終合格211名

校舎案内

MedSURオンライン

プロの講師が合格まで二人三脚でサポート

MedSURオンラインでは、オンラインで出来る医学部受験専門の個別指導です。医学部合格のために用意されているテキストやテストで学びクリアをしていけば、合格への道が開けていくシステムとなっています。プロの講師と二人三脚で学習を進め毎日学習を進めるのが特徴。学習のサポートだけではなく出願書類の準備までサポートする徹底ぶりです。

予備校のポイント!

プロの講師は東大・京大入試にも対応できる指導力

MedSURオンラインの講師は、東大や・京大入試にも対応できる指導力を持った講師陣ばかり。国公立大学の入試対策の場合にはそれ相応の対策に変更した指導法を行います。例えば、1年生の前半では教科書レベルを基礎として参考書にはのっていない難関大学の入試に必要な知識を教えていきます。私立医学部の入試対策では、得意科目を徹底的に伸ばし、苦手科目を標準レベルに達するように指導します。

全国の医学部入試を知り尽くした担任が計画指導

医学部入試では、それぞれの大学の特性を知り、合格ラインまで学力を上げていかなければなりません。MedSURオンラインの担任は、最初に学習計画を立てその後週1回の生徒面談や学習管理アプリを使って進歩状況を把握していきます。担任は全国の医学部入試を知り尽くしているので効率の良い学習計画を立てられます。

独自の学習アプリで学習をサポート

MedSURオンラインでは、オンラインの学習アプリを通して連絡を行います。授業のお知らせはもちろん、授業のない日でも学習状況の様子やメッセージのやり取りを通じて信頼関係を築き、学習意欲を高めていくのが目的です。自宅で学習するのが不安な生徒は、オンライン自習室を利用を進めています。他の生徒からやる気がもらえるし医学部チューターや担任に相談や質問が出来るため不安をなくしていけるからです。

口コミ・評判

MedSURオンラインの口コミは見つかりませんでした

MedSURオンライン 合格実績

2020~2022年 2022年4月30日時点

国公立大学医学部医学科 25名

私立大学医学部医学科 17名

校舎案内

メディセンス・オンライン

定員制のオンライン予備校で質の高いサポートを可能に

メディセンス・オンラインはオンラインでは珍しく「定員制」を採用しています。定員制のため、質の高いサポートを生徒一人ひとりに行い、しっかりと学力向上につなげていくことを約束しています。東京・大阪には校舎があり、リアル校舎と同じサービスをオンライン上でも行えるように仕組み作りを行っています。

予備校のポイント!

全国どこに住んでいても東京や校舎在籍のプロ講師から学べる

メディセンスオンラインでは、全国どこに住んでいても東京や大阪のプロ講師から指導が受けられます。東京大阪の都市部でしか学べない授業が自宅にいながら学べること、そして定員制の予備校なのでより質の高い授業を少人数で受けられます。医学部合格に向けて徹底的にプランを立てて指導するプロの講師の授業をリアルに感じられます。

メディセンス独自の学習管理システムで合格まで導く

偏差値30からどんな子でも合格にチャレンジしていくことをモットーに生徒自身のやる気を大切にしています。常に生徒の学力と人間力、そして向上心を大切にしている予備校なので、継続して学習できるようにメディセンス独自の学習管理システムを採用しています。

オンライン校舎には特別コースが3つあり!

オンライン校舎には3つの特別コースがあります。1つ目は「セカンドオピニオンコース」苦手分野や苦手科目を個別で指導していきます。2つ目は「徹底管理コース」オンライン看板特別講師による英語・数学・理科の特別カリキュラムコースです。進歩状況によってあなただけの特別授業を実施。3つ目は「成果報酬コース」合格に向けて徹底的に的を絞った完全個別カリキュラムです。自分に合ったコースはどれなのか確認しながら、合格へ向けてチャレンジしていくことをおすすめします。

口コミ・評判

メディセンス・オンラインの口コミは見つかりませんでした

メディセンス・オンライン 2022年度合格実績 

校舎案内

山形のおすすめ予備校

山形県では、国公立の山形大学があり、地元の受験生はもちろん、全国から受験を志願する生徒が多数いるので、しっかりとした受験対策が必要となってきます。一方、山形県内には大手の予備校がほとんど。予備校選びでは、数校の中から自分に合った予備校を選んでいくのが一般的となっています。今回は、山形県にあるおすすめの予備校をまとめました。

山形エリアの予備校の特徴

山形の予備校は、大手の予備校の山形校がほとんどとなります。大手の予備校の講師が派遣して個別指導をしてくれるので、都心のようなレベルの高い授業を山形でも受けられます。また、独自のカリキュラムも展開している予備校もあるので受験校合格まで、しっかりと目標を見据えながら勉強に取り組めます。

予備校を選ぶなら

山形県で予備校を選ぶなら、大手の予備校の山形校かオンライン予備校を選択するかになるでしょう。県内には、大手の予備校がありますが、地元に根付いた予備校は少ないため、中には隣県の仙台まで予備校選びの選択肢を広げている方も多いようです。仙台には多くの予備校が存在します。もし、山形で自分に合った予備校がつからない場合は、仙台まで視野を広げてみるのも良いでしょう。

山形で医学部大学に入学するなら?

山形県にある医学部は、山形大学のみになります。国公立の大学のため県内のみならず全国各地から進学を希望する人が多数います。山形大学の受験を視野に入れながら、隣県や東北県内の大学を視野に入れて受験対策をしている方がほとんどです。自分に合った大学はどこなのか、しっかり下調べしながらカリキュラムに組み込んでいきましょう。

山形大学医学部の特徴

山形大学医学科と看護学科の2つの科があります。医学部の1年次には、一般教養と医学の基礎教育を中心に学び基盤をつくりあげていきます。医学医療を社会との関わりを学び、専門的医学の基礎を身につけていきます。また大生医学医療体験学習も実施。1年生の4月から病院内の施設見学があります。9月には救急車同乗体験学習や心肺蘇生法実習も始まり、より実施的な実習となってきます。

2年次には解剖学や生物学など専門的分野を学習。基礎医学をここでしっかりと習得します。3年4年次には、臨床医学講義で学び、4年次後半から実際の現場で医療実習をスタート。様々なシミュレーターを用いて実技指導を受けてもらい、医師になる準備を体得。2つの試験を合格した学生のみが、スチューデントドクターとして、実際の現場での実習に進む事ができます。