Search by Terms
おすすめの
医学部専門予備校を
条件で探す

医学部専門の予備校にはそれぞれ独自のシステムや設備が完備されています。個別指導で人気の予備校、少人数制が自慢の予備校、学生寮を完備した予備校、地域密着型の予備校など、条件を絞りこむことで、希望の医学予備校をより早く見つけ出すことができます。

  • 個別指導(イメージ) 個別指導が
    人気の予備校 Personal Coaching

    1人1人の学力、志望校の入試傾向に合わせて、個別のカリキュラムで効率よく学べる個別指導で人気の医学予備校です。

    詳しく見る
  • 少人数制(イメージ) 少人数制の
    おすすめ予備校 Small Group

    大人数ではできないきめ細かな指導と、クラスメイトとの切磋琢磨で相乗効果が期待できる少人数制クラスがあるおすすめの予備校です。

    詳しく見る
  • 寮(イメージ) 充実の寮がある
    おすすめ予備校 Student Dormitory

    志望校合格を勝ち取るために、集中して勉強できるのが寮生活。充実の設備やサポート体制を備えた医学予備校です。

    詳しく見る
  • 学費(イメージ) 学費で探す
    おすすめ予備校 School Expense

    医学部専門の予備校は学費が非常に高額です。その中でも学費を抑えたおすすめの予備校をご紹介します。

    詳しく見る
  • 地域(イメージ) 地域で探す
    おすすめ予備校 Local Area

    日本の各地域で人気の医系の予備校をピックアップしました!自宅から無理なく通える予備校選びの参考にしてください。

    詳しく見る

Method of Selection
失敗しない医学部
予備校の選び方

予備校選びは、志望校合格を大きく左右するだけに、自分の学力や適性、目的に応じた指導が受けられることがとても重要です。また受験生活を支えてくれるサポート体制や、快適な設備環境があるかどうかもポイント。ここでは医学部専門の予備校を選ぶ際のポイントをご紹介!

  • 自分に合う予備校を見極める
  • 予備校をしっかりと調査する

Medical Preparatory Schools
医学部専門予備校リスト

全国に数ある医学部専門予備校の中から、評価の高い学校を厳選しました。授業タイプやサポート体制、コース内容などそれぞれの特徴をまとめています。自分に合う最適な予備校選びの参考にしてください。

メディカルラボ

メディカルラボ(サイトイメージ)

業界唯一の完全個別指導で、1人1人の学力と志望校に対応。個別担任制で学習指導だけでなく生活面・メンタル面までトータルでサポート。

富士学院

富士学院(サイトイメージ)

福岡を本校に西日本エリアで実績。熱意あふれるプロ講師が集結し、個別指導から短期集中講座までニーズ合わせて最適な指導を行います。

メビオ

メビオ(サイトイメージ)

全国から生徒が集まる大阪の名門校。33年の実績と伝統で、1人1人が最も成果を上げられる少人数授業で徹底指導を行います。

長井ゼミ

長井ゼミ(サイトイメージ)

医学部の予備校の中で現役医師が学長を務めるのは長いゼミだけ。医師の視点からの面接対策など他では受けられないサポートが魅力の予備校。

野田クルゼ

野田クルゼ(サイトイメージ)

多くのコースとセミナーや講習などのオプションが充実。クルゼ式というオリジナルの指導法で医学部合格へと導きます。

プロメディカス

プロメディカス(サイトイメージ)

実戦に即した個別指導や定員8名の少人数クラスで、一人一人の学力を着実に上げてきます。専任指導教員によるサポートも整っています。

代官山メディカル

代官山メディカル(サイトイメージ)

1日12時間徹底指導と少人数制クラスで、1人1人の学力を飛躍的に向上させる「代官山メソッド」が人気。無理なく効率的に学べるカリキュラムに定評あり。

東京医進学院

東京医進学院(サイトイメージ)

医学部専門予備校として37年の歴史と実績か生んだきめこまかな指導。現役合格にこだわった各種コースや、通学制・全寮制など、豊富な選択肢も人気。

メルリックス学院

メルリックス学院(サイトイメージ)

私立医学部・歯学部に特化したカリキュラムで、全国一の合格者数を誇る医学予備校。個別担任制度や月謝制などオリジナルなシステムも多数。

Road to Success
必読!医学部合格への道

医学部受験は近年倍率がグングン上がり、一昔前よりさらに超難関になってきています。ここでは、自分に合う大学の決め方から、受験までのスケジュールの立て方、効率のいい勉強法など、医学部受験を成功させるための各種情報をまとめました。

  • 志望大学の情報を制する者が受験を制する(イメージ)志望大学の情報を 制する者が受験を制する

    医学部入試は大学ごとに出題傾向の癖があり、毎年のように変わります。いかに志望校の入試傾向を分析し、最新情報を含めて対策を取れるかが、医学部受験の要となります。

    詳しく見る
  • 国公立と私立の医学部どちらを目指す?(イメージ)国公立と私立の医学部 どちらを目指す?

    医学部と一言に言っても、国公立と私立はその出題傾向も入試の方法も大きく異なります。国公立と私立の医学部の違いと、志望校に合わせた予備校の選び方を解説します。

    詳しく見る
  • 自分と相性のいい大学を見つける(イメージ)自分と相性のいい 大学を見つける

    1人1人には得意・不得意な分野や適性があります。偏差値や知名度で決めるのではなく、自分に合った入試傾向の大学を見つけることが合格のカギとなります。

    詳しく見る
  • 医学部の推薦入試を利用する(イメージ)医学部の推薦入試を 利用する

    推薦入試は合格しやすいのか?推薦入試といても公募制、AO入試、地域推薦など種類は様々。それぞれの入試傾向、難易度などからおすすめの推薦までを解説します。

    詳しく見る
  • 医学部受験までのスケジュールを戦略的に立てる(イメージ)医学部受験までの スケジュールを戦略的に立てる

    志望校合格を勝ち取るためには、今の学力を把握して、年間のスケジュールから1日のスケジュールまで効率よく立てることが重要。時期による教科別対策もご紹介。

    詳しく見る
  • 塾と予備校、家庭教師どれがおすすめ?(イメージ)塾と予備校、家庭教師 どれがおすすめ?

    難関の医学部受験を独学で乗り切るのは、困難がつきまといます。塾や家庭教師、医学部専門予備校と、それぞれのメリット・デメリットからおすすめをご紹介。

    詳しく見る
  • 医学部受験の面接・小論文対策(イメージ)医学部受験の 面接・小論文対策

    医学部受験で合否を大きく左右するのが、面接と小論文です。大学側が重視している2大項目にどう対応するか、攻略のポイントを解説します。

    詳しく見る

Medical school list by region
地域別の医学部予備校リスト

  • 東京 東京
    遠方からの生徒も多い医学部予備校の激戦区 Tokyo

    東京には医学部を設けている大学がとても多いため、医学部予備校の数もたくさんあるのが特徴です。地方からも多くの学生が集まるほど、充実したサポートを提供している予備校がそろっています。

    詳しく見る
  • 横浜 横浜
    有名な医学部があり、医学部予備校の数も多数 Yokohama

    横浜市立大学や聖マリアンナ医科大学など受験生に人気の有名大学が多い横浜。都内にある医学部大学へもアクセスしやすい立地で、治安が良くて遅くまで勉強できる環境が人気のあるエリアです。

    詳しく見る
  • 埼玉 埼玉
    多くの学生が住んでいる都心のベッドタウン Saitama

    埼玉の医学部予備校には、北関東の学生が多く通っています。北関東には医療専門の予備校が少ないため、アクセスが良い埼玉の予備校に集中しているようです。

    詳しく見る
  • 大阪 大阪
    関西で一番医学部予備校が豊富なエリア Osaka

    関西で医学部予備校を探すなら大阪がおすすめです。モチベーション特化型や学習時間重視型など、さまざまな勉強スタイルを確立している予備校が多くあります。他県から大阪の予備校に通う生徒もいるほど人気の高いエリアです。

    詳しく見る
  • 名古屋 名古屋
    河合塾に通う学生が多い名古屋 Nagoya

    名門大学である名古屋大学医学部や人気の高い藤田保健衛生大学医学部がある名古屋。大手予備校である河合塾へ通う学生が多くいるのが特徴的です。

    詳しく見る
  • 岡山 岡山
    地元の大学への受験生が多い岡山エリア Okayama

    岡山大学や香川大学など国立の大学や地元の大学へ受験する受験生が多い岡山。医学部向けの予備校が多くありますが、近畿地方の大学入試対策を重点的に行なっているところが多いです。

    詳しく見る
  • 広島 広島
    近県に国立大医学部が勢ぞろい Hiroshima

    広島県内の医学部は広島大学のみと一見通える大学が少なく感じるかもしれませんが、周囲には他県の国立大学が近くにあります。広島の医学部予備校は8割が大手の予備校です。

    詳しく見る
  • 福岡 福岡
    全国で3位の医学部数を誇る福岡 Fukuoka

    福岡にある医学部は国立が1校、私立が3校と合計4校あります。近隣の県へも通えるため、医学部予備校の数が多いです。さまざまなスタイルの予備校がそろっており、自分に合った勉強ができます。

    詳しく見る
  • 札幌 札幌
    病院数が多く、医学部予備校の数も豊富 Sapporo

    北海道は東京に次ぐ病院数が多いエリア。道内にある3つの国立大学医学部へ入学を目指す受験生が多くいます。人口の多い札幌市内には医学部を目指す学生も多く、医学部専門の予備校が豊富です。

    詳しく見る
  • 仙台 仙台
    医学部トップクラスの大学を目指す学生が多め Sendai

    仙台には医学部の中でもトップクラスの東北大学医学部があります。県内だけではなく全国から受験生が集まるエリア。そのため、予備校の種類が豊富です。

    詳しく見る
  • 千葉 千葉
    大手を筆頭に多くの医学部予備校が進出 Sendai

    千葉大学医学部や国際医療福祉大学など多くの医学部大学がある千葉。進学校が多く医学部を目指す受験生もたくさんいるため、大手をはじめとする医学部予備校が千葉に進出しています。

    詳しく見る
  • 京都 京都
    さまざまな特徴のある医学部予備校が多数 Sendai

    京都にはさまざまなスタイルの予備校がそろっています。地域密着型・個別指導型・少人数制・集団指導など、予備校によって違った指導方法を実施。受験生は多種多様な予備校の中から自分に合った環境を選んでいるようです。

    詳しく見る
  • 神戸 神戸
    神戸大学を目指す受験生が多くいるエリア Koube

    兵庫県の医学部予備校に通う学生には、神戸大学を目指している人が多くいます。県内外から医療を学びたいと多くの学生が集まってくるエリアです。学生1人ひとりに対して丁寧に教えるスタイルの予備校が多くあります。

    詳しく見る
  • 熊本 熊本
    電車で通いやすい医学部予備校が多い Kumamoto

    電車で通いやすい立地に医学部予備校が多い熊本。県内には医学部が熊本大学にしかないため、県外への進学を考えている学生が多くいます。県外へ進学する場合、予備校が実施しているコースについてチェックしておくことが大切です。

    詳しく見る
  • 鹿児島 鹿児島
    寮を併設している医学部予備校がある鹿児島 Kagoshima

    鹿児島にある医学部予備校は寮を併設しているところがあり、さまざまな地域から学生が訪れています。生徒1人ひとりに対して適した授業を提供する予備校が多いのが特徴です。

    詳しく見る
  • 沖縄 沖縄
    入試倍率の高い国立医学部へ入学するため予備校の需要が高い Okinawa

    県内に琉球大学医学部だけと1つしか医学部がない沖縄は、入試倍率が高く予備校の需要が高くなっているエリア。予備校は那覇市内にあり、モノレールで通学しやすいのが魅力です。

    詳しく見る
  • 宮崎
    医療が活発なエリアで地元医学部を目指す Miyazaki

    大学の数こそ少ないものの、日本の医療を牽引してきた伝統もあり、全国トップクラスの医学部数と医師数を誇るエリアです。地元医学部の進学を目指す生徒を支えるため、予備校の講師のレベルも高いようです。

    詳しく見る
  • 松山(愛媛)
    全国展開する予備校が集中するエリア Matsuyama(Ehime)

    愛媛県内に医学部が1校しかないこともあり、松山市には四国・関西エリア全域から医学部を目指す学生が集まります。全国展開する予備校も集中しており、個別指導をはじめ、プロ講師や現役医学部生のチューター制度がある予備校もあります。

    詳しく見る
  • 金沢(石川)
    実績豊富な大手医学部予備校が進出 Kanazawa(Ishikawa)

    名門医学部がある石川県。医学部進学を目指す生徒も集まるため、豊富な合格実績数を誇る大手医学部予備校が進出してきています。名門大学の受験を突破するため、いずれもバラエティに富んだ指導方法を取り揃えているようです。

    詳しく見る
  • 静岡
    近隣エリアに豊富な医学部あり Shizuoka

    近隣県に豊富な医学部があることから、全国展開する医学部予備校も多く存在する静岡県。医学部受験に取り組む環境に恵まれたエリアです。ひとりひとりの生徒にあわせた受験プランを考えてくれる予備校もあります。

    詳しく見る
  • 茨城
    関東エリアの医学部にも通学しやすい Ibaraki

    県内医学部が1校とは言え、北関東に位置する茨城県は、東京をはじめとする、医学部が豊富にある関東エリアへの通学に便利な立地。県内予備校でしっかりと学ぶことで、医学部合格の夢をかなえましょう。

    詳しく見る
  • 群馬
    大手予備校に劣らぬ地元プロ講師たち Gunma

    群馬県の医学部予備校の特徴は、「大手予備校に劣らない」と言えるほど、優秀なプロ講師が揃っていることでしょう。生徒ひとりひとりの弱点をしっかりと把握し、最適なカリキュラムで学習をサポートしてくれます。

    詳しく見る
  • 長野
    医学部の合格倍率が高いエリア Nagano

    公立高校のレベルが高いとされる長野県。名門、信州大学医学部を目指す地元受験生はもちろん、関東からも多くの受験生が集中するため、合格倍率が高い難関校とされています。

    詳しく見る
  • 山梨
    隣県の医学部も視野に入れた予備校選びを Yamanashi

    山梨県の医学部進学は、倍率が高い難関ルート。そのため、他県の医学部受験も視野に入れて、受験対策をしていく必要があります。予備校選びにおいても、いろいろな可能性をサポートしてくれるかチェックしたいところです。

    詳しく見る
  • 青森
    地元医学部を目指す生徒は多し Aoyama

    青森県の医学部は弘前大学1校。地元受験生はコツコツと学習を積み重ねていますし、東北エリアからの志望者も多く集まっています。そんな青森県は、県内に予備校が少ない印象。どのような予備校を選ぶべきか、広い視野を持って探していく必要があります。

    詳しく見る
  • 福島
    東北エリア全域から受験生が集まる Fukushima

    福島県にある医学部は、福島県立医科大学のみ。そのため地元の受験生はもちろん、東北エリアから医学部志望生が集まります。地元に医学部予備校は少ないため、仙台まで通うか、オンライン予備校などを利用しましょう。

    詳しく見る
  • 岩手
    仙台の医学部予備校に通う手も Iwate

    岩手県内にある医学部は、岩手医科大学1校のみ。地元進学校からの受験生をはじめ、隣県からも志望者が集まります。オンライン予備校や仙台の予備校に通い、難関突破を目指しましょう。

    詳しく見る
  • 秋田
    カリキュラムに注目した予備校選びを Akita

    秋田大学医学部がある秋田県。地元はもちろん、東北圏内からも多数の受験生が志望するため、しっかりとしたカリキュラムを組んでくれる予備校を選び、受験対策をしていきましょう。

    詳しく見る
  • 山形
    都会から講師を迎える予備校も Yamagata

    山形大学医学部がある山形県。医学部に特化した予備校が県内にないこともあり、都会から講師を迎える大手予備校やオンラインを利用した受験対策が主な選択肢になってきます。まずは、体験入学や無料講習などを利用してみましょう。

    詳しく見る
  • 栃木
    国公立と私立を並行した受験対策を Tochigi

    栃木県には、私立である自治医科大学と獨協医科大学の2校に医学部があり、隣県の国公立大学と併願受験するケースも多いよう。自らの目的にあった最適な予備校を選びましょう。

    詳しく見る
  • 新潟
    交通のよく通える予備校が多い Niigata

    新潟県は、県人口が多いこともあって、駅周辺に便利に通える受験予備校が多くあります。そのなかには東北地域から入塾する受験生のために、寮を設置している予備校もあります。

    詳しく見る
  • 富山
    落ち着いた環境で受験勉強に取り組める Toyama

    東洋医学を専門科として設置している富山大学があるなど、医学的な特色がある富山県。医学部受験に特化した予備校もあり、医師を志す受験生にとっては恵まれた環境で受験勉強に取り組むことができます。

    詳しく見る
  • 福井
    面接や小論文の対策も重点的に Fukui

    福井県には、国公立である福井大学に医学部があります。地元受験生に推薦枠がある一方で、全国の受験生が利用できる全国枠も用意されており、面接や小論文対策も重点的な課題になってきます。

    詳しく見る
  • 岐阜
    医学系予備校が充実! Gifu

    岐阜大学をはじめ、岐阜医療科学大学と岐阜薬科大学にも、医学部・看護学部が設けられている岐阜県。そのため、事業展開にも医学部を専門に扱っているところがあります。早めに予備校選びを行い、受験勉強を始めていきましょう。

    詳しく見る
  • 三重
    名古屋まで視野にいれた受験対策を Mie

    三重大学に医学部があるほか、名古屋まで視野に入れた受験対策ができる三重県。名古屋は医学部予備校が充実している都市だからこそ、レベルの高いプロ講師や、刺激になってくれる医学部受験生がたくさんいることでしょう。

    詳しく見る
  • 滋賀
    個別指導を得意とする予備校が多い Shiga

    優れた学力がなければ合格は難しい滋賀医科大学がある滋賀県。大阪や名古屋といった都市部の医学部も視野に入れ、しっかりと受験対策をしていく必要があります。地元には個別指導を得意とする予備校が多いため、自分に合った学習アドバイスをもらうことができます。

    詳しく見る
  • 奈良
    個別指導がある大手予備校がオススメ Nara

    名門、奈良県立医科大学がある奈良県。県内には医学部予備校がそれほどありませんが、大手予備校が進出しているほか、オンラインでも利用できる個別指導があります。丁寧な指導で学習を進められますよ。

    詳しく見る
  • 和歌山
    オンラインや隣県の医学部予備校を利用 Wakayama

    和歌山県には、和歌山県立医科大学があります。地元を対象にした入学枠を設けている一方、県内には医学部予備校はありません。そのため、隣県やオンラインで利用できる医学部予備校を選ぶことになります。

    詳しく見る
  • 鳥取
    優秀な医学人材を輩出する地域 Tottori

    鳥取大学に医学部を擁する鳥取県。医師、看護師、医学研究者など、優秀な医系人材を輩出する地域として知られています。医学部受験を目指せる予備校は少ないものの、オンラインを活用した指導を受けることもできます。

    詳しく見る
  • 島根
    全国展開するオンライン予備校がカギ Shimane

    島根県には医学部専門の予備校がないため、大手予備校を活用するか、場所を選ばないオンラインの個別指導を受講できる医学部予備校を選ぶことになるでしょう。全国で活躍するプロ講師に指導してもらうこともできますよ。

    詳しく見る
  • 山口
    効率的な学びで夢を叶える Yamaguchi

    定員107名の狭き門ながら、学費が抑えられるなど、通いやすい山口大学医学部があります。県内に医学部専門の予備校はないため、オンラインをはじめとする効率的な受験対策がカギになってきます。

    詳しく見る
  • 徳島
    地元の狭き門を突破する予備校選びを Tokushima

    徳島大学医学部は、定員72名という狭き門。県内に医学部予備校はないため、全国展開する大手予備校をはじめ、オンラインでも受講できる医学部予備校を選びましょう。

    詳しく見る
  • 香川
    個別指導ならオンラインも選べる Kagawa

    香川大学医学部がある香川県。地元には医学部予備校は少なく、大手受験予備校を選ぶか、対面型の授業でなければ、オンラインによる医学部受験指導を受けることが選択肢になります。

    詳しく見る
  • 高知
    医学部予備校は限られているエリア Kochi

    高知大学医学部があるものの、県内に医学部専門の予備校はない高知県。医学部受験に向けては、寮を設置する県外の医学部予備校やオンライン予備校が選択肢になってきます。

    詳しく見る
  • 佐賀
    隣県かオンラインが選択肢に Saga

    県内に医学部専門予備校がない佐賀県では、福岡エリアなど、隣県の予備校を選ぶことが選択肢になります。最近では、場所を選ばず受講できるオンライン予備校もあるため、そちらも検討してみては。

    詳しく見る
  • 長崎
    選択できる予備校が多いエリア Nagasaki

    九州大学や長崎大学といった名門医学部も目指せる立地にある長崎県。予備校の選択肢も多く、個別指導がある予備校をはじめ、医学部受験に精通するプロ講師のオンライン講義も受講することができます。

    詳しく見る
  • 大分
    大手医系予備校も校舎を置く Oita

    大分大学をはじめ、九州エリアの難関医学部も選択肢に入る大分県。全国展開する医学部予備校の校舎があるほか、場所を選ばないオンライン個別指導も、効率的な学習を実現してくれるでしょう。

    詳しく見る

医学部浪人の基礎知識

医学部受験はほかの学部より難易度が高く、浪人する人も少なくありません。実際に合格者の現浪比を見ても、医学部は浪人生の比率が高いのが特徴。二浪、三浪も珍しくありません。

しかしそのデータに安心していると、どんどん合格は遠ざかっていくことに。「次の受験で必ず合格する」という意気込みが必要です。浪人生は現役生と比べて勉強時間を取りやすいので、時間を有効に使っていきましょう。

浪人生の生活や勉強法、費用や予備校選びの基礎知識をご紹介します。

医学部に合格させる保護者の心得

医学部合格は予想以上に難関です。それゆえ、受験生の親はあまり干渉せずに、日頃かける言葉にも注意が必要。

勉強方法を否定したり、プレッシャーを与えない対応、そして食生活から体調管理まで、勉強に専念できる環境作りを心がけて医学部受験をサポートしましょう。

  • 医学部に合格させる保護者の心得
  • 医学部専門予備校の選び方

メニュー