医学部に合格させる保護者の心得
For Parents

医学部受験を控えた親の気持ちとしては、やる気を出させようと言葉をかけたり干渉したくなるものですが、過酷な受験戦争の中で必死に戦っている受験生にとっては逆にストレスになることも少なくありません。昔に比べて圧倒的に難関となった医学部受験の現状を知り、親としてどうすれば上手にサポートできるのか、ポイントをご紹介します。

干渉しすぎは禁物。プレッシャーをかけないように注意を

医学部受験をする子を見守る親としては、心配のあまり「最近どうなの」「ちゃんと勉強しているの」「しっかりしなさい」と何かにつけて口を出してしまいがちです。けれど医学部受験という超難関入試を控えて、何より一番プレッシャーを感じているのはお子さま自身です。限られた時間の中で結果を出そうと必死です。そこに最も身近な存在であるはずの親からプレッシャーをかけられたら、逆にお子さまを追い込んでしまい、緊張状態が続いている中、心のバランスを崩すことにもなりかねません。

スランプは誰にでもあることですし、お子さまの性格によっては適度に休養を取らせることも大切です。特に受験前はメンタル面の安定が重要となってきますので、過剰に干渉したり、ネガティブなことやプレッシャーを与える言葉などをかけないように注意してください。「成績が伸び悩んでいるんだから、もっと勉強しなさい」など、「勉強しなさい」は特にNGワードです。

また学校によっては少人数の生徒だけを手厚く指導する小規模な予備校もあれば、勉強に専念できるよいうなサポート体制や充実した設備が整った大手など、規模によっても指導方針は大きく変わります。また、せっかく入学しても授業が難しすぎてついていけず、挫折してしまっては意味がありません。今の自分の学力に合わせた授業を行ってくれるかどうかも、自分に合う医学予備校選びのポイントです。

受験生にとって大切なのは、自分を信じて見守ってくれる家族の存在です。できるだけ普段通りに接して、「いってらっしゃい」「おかえり」など、ささいな声かけを重ねることで温かく見守っている姿勢を保ちましょう。

受験はマラソン。体調管理はしっかりと

1年間にわたる受験生活では、入試という勝負の日に最大限の力を発揮できるように全てをコントロールしていく必要はあります。志望校の合格圏内まで学力をアップさせることはもちろんですが、鍛え上げた実力を大事な時に爆発させるには、日々の健康管理や生活習慣が重要となってきます。

お子さまによっては、根を詰めて深夜まで勉強したり、休養を取らないままひたすら勉強に集中する人もいるでしょう。しかし、そのせいで生活が不規則になったり、予備校に通うことで外出が増えて食生活が乱れるなどして、体調を崩しては元も子もありません。

お子さまを部予備校に通わせている親御さんは、できるだけお子さまの生活サイクルが安定するようにサポートしてあげてください。また十分な栄養をバランスよく摂れるよう、健康に配慮した食事づくりも有効です。特に体調を崩しやすい受験直前のシーズンは、お子さまはもちろんご家族そろって体調管理に気をつけましょう。

医学部受験は30年前と比べて難易度が非常に高くなりました

医学部受験を目指す方は、親御さんも医師というケースが非常に多いものです。そのため、親御さんが自分の受験と比較して「私が受験生だった時は寝ないで勉強ばかりしていた。うちの子供はまだまだ甘い」といった言葉をかけ、必要以上にお子さまを追いつめてしまうケースが少なくありません。

30年前と現在では、医学部受験を取り巻く環境は激変しているといっても過言ではありません。医学部受験は昔から難しいものでしたが、今は当時と比べものにならないほど超難関受験になっています。規制緩和で近年は医学部の定員数が増加する傾向にありますが、それを上回るほどの高い競争率となっており、医学部受験は他の学部と比べても突出して難関といわれています。

また大学によって偏差値などの差異がほとんどなく、わずか1点差が合否を分ける熾烈な競争が展開しています。お子さまはそうした過酷な状況の中で戦っているということを、保護者はしっかり頭に入れながらお子さまと接する必要があります。自分を追い込んで受験にのぞむお子さまを陰でサポートし、温かい目で見守ってあげることが家族の役割といえるでしょう。

医学部合格者に聞く! 保護者にされて「嬉しかったこと・嫌だったこと」

医学部の受験を控えているお子様をお持ちの親御さんは、時に、お子様にどのように接するのが良いのか迷うこともあるでしょう。

受験をするのは、あくまでもお子様です。どのようにセするのが良いのか迷ったときには、「お子様にとって嬉しいこと」を基準に接するようにしてください。そのように接することこそ、お子様のプレッシャーを少しでも和らげ、ひいては受験勉強へのプラスへと働いていくのです。

医学部合格者に聞いた、保護者にされて「嬉しかったこと・嫌だったこと」をご紹介します。お子様と接するときの参考にしてください。

保護者にされて嬉しかったこと

  • 無謀な志望校を掲げていたにも関わらず、一度も「志望校を変えたら?」とは言ってきませんでした。静かに「頑張ってね」という感じで温かく見守ってくれて、とても勉強がやり易かったです。(東京慈恵会医科大学合格)
  • 初めは自分の医学部受験のことを良く思っていなかったようです。それでも最後まで見守ってくれて、合格したときには誰よりも心から喜んでくれました。(大阪市立大学合格)
  • 受験勉強をしているときには何も感じませんでしたが、休日も含めて毎日お弁当を作ってくれた母には感謝しています。今思えば、体調を崩さないよう栄養面をよく考えてくれたメニューでした。(産業医科大学合格)
  • 受験勉強の期間、親は少しでも自分に迷惑をかけないようにと、イヤホンをつないでテレビを見ていました。テレビだけではなく、色々なところで自分に気を遣ってくれていたと思います。(浜松医科大学)

保護者にされて嫌だったこと

  • 模試で高得点を取ったのにも関わらず、一緒になって喜んでくれませんでした。自分の目標に少しでも近づいたときには、ともに喜んで欲しいものです。(産業医科大学合格)
  • 1日の大半は勉強をしていたのですが、わずか数分だけ勉強以外のことをやると、すかさず母が「勉強しなさい」。親は、勉強以外のことをやっている時間が過剰に長く見えるようです。(日本医科大学合格)
  • 自分が今やっている勉強を確認して、こっそりと塾の先生などに相談していました。直接自分の勉強に干渉しては来ないものの、背後では深く干渉している感じがして嫌でした。(東京医科大学合格)
  • 「私立に行かせるお金はないから、ぜったい国立に行け」と言われ続けました。そのつもりで勉強していたのですが、お金の話をされると勉強のやる気が失せました。(東京医科歯科大学合格)

わずかばかりの人生経験の中で、お子様は今、人生で最大限の努力をしています。そのお子様に対し、無関心であってはなりません。しかしながら、過干渉であってもなりません。

高い目標を追うお子様に対し、真剣に、かつ静かに精神的な支えとなる姿勢。その姿勢があれば、よもや親御さんは無関心にも可干渉にもなりえないでしょう。親子の関係がそのステージまで昇華すれば、もはやお子様に何を言っても何をやっても、かならず受験勉強のプラスになります。

  • 医学部に合格させる保護者の心得
  • 医学部専門予備校の選び方

メニュー