医学部予備校ナビ「医学部への道しるべ」 » 医学部を持つ全国の名門大学一覧 » 近畿大学

近畿大学

名門大学の医学部情報:近畿大学

早くから奉仕の精神や豊かな人間性を育む、少人数教育

1974年に誕生した、近畿大学医学部。

教育研究施設や付属施設を充実させると共に、6年一貫教育体系の下、ハイレベルな医療技術と医学知識を持った、医学者&医師を多く輩出してきました。

患者さんの病気やけがを治療するだけではなく、医療スタッフ全員が患者さんの抱える様々な問題を共有、解決しています。

医療において、患者さん中心の医療が求められています。

本学医学部では、早くから豊かな人間性や奉仕の精神を育んでいます。

近畿大学では、患者さんから慕われて信頼される、医師の育成に注力しています。

また、実践的な教育法である「テュートリアルシステム」および「クリニカルクラークシップ」を採用しており、少人数での教育に重点を置いています。

大規模な総合大学でもあるので、サークル活動などの選択肢も多く、充実したキャンパスライフを送れるでしょう。

2023年度 医学部入試情報

募集人員(医学科) 112名
試験日程

一般入試・前期(A日程)2023年(令和5年)1月28日(土)、1月29日(日)(試験日自由選択)一次試験2023年(令和5年)1月29日(日)二次試験2023年(令和5年)2月12日(日)

試験科目 数学Ⅰ・数学Ⅱ・数学A(場合の数と確率・図形の性質・整数の性質)・数学B(数列、ベクトル)、コミュニケーション英語Ⅰ・コミュニケーション英語Ⅱ・コミュニケーション英語Ⅲ・英語表現Ⅰ・英語表現Ⅱ、「物理基礎・物理」「化学基礎・化学」「生物基礎・生物」から2科目選択【二次試験】小論文・面接

2023年度の医学部受験方法・受験内容

医学部には適用されませんが、推薦入試では、受験者全員必須の「スタンダード方式」に加え、高得点科目を重視した得点計算での併願や、文・理系学部それぞれでの学部内併願を組み合わせた受験が可能です。

1日の試験で複数の合否判定を受けることができるので、合格のチャンスが広げられるでしょう。

「外部試験利用制度」は、TOEFLやTOEICなど、英語の各種資格試験で一定の基準を満たしている場合、それをみなし得点として「英語」の得点に加算して計算できる仕組みです。

なお、本来の入試で受験する英語の試験は、あわせて受ける必要があります。

前年度入試データ

出願実績

年度 募集定員 志願者数 受験者数 合格者数
2022年 前期 112 名 3,658名 3,438名 280名
後期 — 名 —名 —名 —名