医学部予備校ナビ「医学部への道しるべ」 » 地域別!おすすめ医学部予備校 » 鹿児島のおすすめ予備校

鹿児島のおすすめ予備校

鹿児島大学や福岡大学など、九州地方の大学への進学はもちろん、本州の大学へ進学を希望する生徒も少なくありません。鹿児島には複数の地域や全国展開している医学部予備校があるため、他の地域からも自分の希望する大学の情報が入ってきやすいという特徴があります。

当サイトで紹介している鹿児島エリアの医学部予備校を、公式HPに記載されている2021年の医学部合格者数が多い順に紹介します。(2021年11月調査)

鹿児島で医学部大学に入学するなら?

鹿児島で医学部のある大学は1校のみ

鹿児島県には鹿児島大学にのみ医学部があります。そのため、鹿児島大学で医学を学びたいとなると入学志願者の倍率は高いと言えるでしょう。

高い倍率でも鹿児島大学の医学部を受験するなら、利用したいのが医学部予備校です。

鹿児島エリアの予備校の特徴

鹿児島県内には、全国展開している・合格実績が高い・少人数または個別レッスンを受けられると言った特徴を持つ医学部予備校が多いようです。試験科目をただ教えるのではなく、受講生一人ひとりの弱点を見つけ出し、適した個別カリキュラムを提供してくれるのが魅力的。

また、寮を完備している予備校もあるので、帰宅に掛かっていた時間を勉強に充てることもできます。

予備校を選ぶなら

自分に合った予備校を選ぶためにも、説明会に参加したり実際に受講生の声を聞いたりすることが大切です。こちらのページでは鹿児島県内にある医学部予備校をピックアップしているので、ぜひ予備校選びの参考にしてください。

鹿児島大学医学部

鹿児島大学医学部の特徴

鹿児島大学医学部には健康科学専攻と先進治療科学専攻の2つの分野があります。

健康科学専攻では医学的知識に基づいた健康的な社会制度を研究。栄養摂取による健康増進法など専攻分野が細分化されています。なかには、宇宙環境が人体に及ぼす影響について研究する学問も。そのほか、離島での医療提供などをはじめ多くの人に適切な医療対応をおこなう方法について理解を深められます。

先進治療科学専攻では遺伝子レベルでの治療や再生治療、エピジェネティック分野について学習。臨床実習では県内外の主要病院と提携を結び、実践で学ぶ機会が多いのも特徴です。卒業後の進路も豊富で医師だけでなく製薬会社で勤務する卒業生も多くいます。

富士学院 鹿児島校

学院がチームを組み、全力で合格を目指す 合格率57.3%

富士学院で指導を担当しているのは、4段階の選考試験をクリアした選りすぐりの講師陣。さらに、講師陣に加えて担任講師、担当職員、校舎長がチームとしてひとりひとりの生徒をサポートします。同学院では、国公立医学部コース以外は選抜制を用いていません。そのため、たとえ成績が厳しかったとしても医学部を目指したいという学生は原則受け入れ、合格のためのサポートを行っています。2022年度の医学部合格実績57.3%、2021年55.5%、2020年50.8%。毎年、2人に1人以上の割合で医学医学科に進学を決めています。

富士学院のポイント!

マンツーマン講義、少人数制のゼミ講義を併用実施

「富士学院」の授業スタイルは、現役高校生にはマンツーマン、高卒性にはマンツーマンと少人数制のゼミ講義。やるべき課題は一人ひとり違う。だから選りすぐられた医学部受験に精通したプロ講師が1対1で指導。講師の採用基準のハードルを非常に高く設定。出身大学だけで採用されることはなく、書類選考や筆記試験、模擬講義、面接試験の全てをクリアした医学部受験のプロです。

2人に1人以上が医学部に合格!

入塾のための選抜試験なしで2022年度の医学部合格実績57.3%、2021年55.5%、2020年50.8%、2人に1人以上が医学部医学科への進学を実現しています。選りすぐりの医学部受験のプロ講師陣、やる気を高める学習環境、到達すべき目標に向けた適切なカリキュラムで受験生を徹底サポート。

専用食堂完備。医者としての人間力養成にも力を入れる予備。

専用食堂では栄養管理と衛生管理に配慮したあたたかい食事を提供。通常医学部予備校は合格だけを純粋に追い求めていますが、富士学院の目標は合格よりもっと先。「社会に貢献できるドクターを送り出す」を信条としており、医学部合格へ導くことはもちろん、精神面・環境面その他できる限りのことを全力でサポートし、人間力を養ってくれます。

口コミ・評判

面接試験の対策もできるということで富士学院への入塾を決断。個別指導で苦手な科目を効率的に解消できてよかったと思います。自習室がいつでも使えた点も助かりました。年末年始も富士学院の自習室でひたすら勉強。勉強場所には悩みませんでした。面接や志望動機書はマンツーマンで徹底対策。必ず尋ねられる質問はもちろん、変化球的な質問への回答演習をしたことで面接試験当日はあがらずに臨むことができました。

受験生活は順風満帆ではなく、浮き沈みの激しいものでした。スランプのときにはいったいどうするべきか悩んだことも。それでも、富士学院の先生はプレッシャーをかけることなく優しい目で見守ってくれました。だからこそ、どんなときでも塾に来て勉強を続けられたと思います。もともとみんなの前で発言するのが苦手だったこともあり、個別指導ですぐにわからないところを質問できたのもありがたかったです。苦手科目であっても平均レベルの点数がとれるようになり、無事久留米大学への合格が決まりました。

富士学院 2022年度合格実績

私立医学部医学科

国公立医学部医学科

省庁大学校

医学部医学科最終合格者431 名

校舎案内

メディカルラボ 鹿児島校

生徒一人ひとりに対応できる完全個別授業が魅力

プロ講師とのマンツーマン授業により、大人数の集団授業ではできないような、生徒の得意・苦手科目や志望校に合わせた授業が可能です。日々学習したことを定着させるために定期的にテストを行い、わかったつもり・わかったふりを見逃しません。個別の自習室や現役医大生による質問専任チューターなどによって、学習しやすい環境も整っています。

メディカルラボのポイント!

経験豊富なプロ講師による個別授業

医学部受験に関する知識が豊富なプロ講師が在籍。生徒一人ひとりの学力に適した完全個別授業が受けられる。

生徒一人ひとりに合わせた個別カリキュラム

個人の得意・苦手科目を考慮し、それぞれ個別のカリキュラムを作成。すべてが合格点に届くように効率的な学習ができる。

チューターへの質問でモチベーションアップ

現役医大生へ質問ができる環境があり、勉強だけでなくモチベーションアップにも繋がるアドバイスが受けられる。

口コミ・評判

メディカルラボで個別指導を受け始めてから問題演習でミスする頻度が大きく減りました。問題そのものを理解し、論理的に解答を導き出せるようになったからだと思います。また、入塾後に自信のあった科目が実はあやふやだということに気がつけたため早めに対策をとることができました。先生からは褒められることもあれば厳しく課題を指摘されることもあり、常に勉強への姿勢を省みつつ受験生活を送れたと実感しています。

受験生活での悩みは「自分の勉強法は今のままでよいのだろうか」ということでした。しかし、メディカルラボに入塾して最初に受けたテストで自分ができている点と改善すべき点が明確に。自分にあったカリキュラムをもとに勉強を進められたことが合格につながったのだと思います。定期的におこなわれる単元テストでは自分の理解度を把握することができて「着実に力がついているんだ」という自信にもなりました。

メディカルラボ 2022年度合格実績

医学部 国公立大学 最終合格176名

医学部 私立大学 最終合格1,094名

歯学部 国公立大学 最終合格8名

歯学部 私立大学 最終合格211名

校舎案内

PMD医歯薬個別予備校 鹿児島校

医学部合格へ向けて勉強に集中できる予備校

医学部はもちろん、歯学部、薬学部受験にも対応しているPMD医歯薬個別予備校。プロの講師と1対1で授業を行うため、生徒一人ひとりの進み具合や希望に合わせたカリキュラムを組むことが可能です。通学が難しいという生徒には、家具付きの寮の利用を推奨。他のことに気を取られず、勉強だけに集中できる環境づくりを徹底しています。

PMD医歯薬個別予備校のポイント!

完全個別授業で学習をサポート

学校だけで対応することができない個人の得意・不得意科目を、プロの講師が個別授業により徹底的にサポートしてくれる。

プロの専門講師陣が親身に対応

医学部・歯学部・薬学部それぞれに精通している講師が一人ひとりに適した学習法を提案し、モチベーションアップを目指している。

学習・質問しやすい環境を整備

日ごろ受けている教科の質問はもちろん、他の教科や進路に関する悩みでも気軽に話すことで不安を解消できる。

口コミ・評判

記載なし

PMD医歯薬個別予備校 2022年度合格実績

該当情報は見つかりませんでした。

校舎案内