医学部予備校ナビ「医学部への道しるべ」 » 地域別!おすすめ医学部予備校 » 静岡のおすすめの予備校

静岡のおすすめの予備校

静岡県内には14の大学がありますが、その中でいが物を設置している大学は浜松医科大学の1校のみ。ただし、静岡の近隣県には多くの医学部があることから、地域的には医学部に恵まれたエリアと言うことができるでしょう。 住んでいる場所によっては、山梨大学(山梨)や名古屋大学(愛知)、名古屋市立大学(愛知)、愛知医科大学(愛知)、藤田保健衛生大学(愛知)、横浜市立大学(神奈川)、東海大学(神奈川)、聖マリアンナ医科大学(神奈川)、北里大学(神奈川)などが通学圏内になる受験生もいるでしょう。

静岡は熱心な教育県。よって、全国展開をする大手予備校や医学部受験予備校もたくさんあります。

駿台や河合宿、東進ハイスクールをはじめ、四谷学院、秀英予備校、佐鳴、武田塾、メディカルラボ、工藤塾など実績のある予備校がたくさんあるため、医学部を目指す上での環境は十分に整っていると言えるでしょう。

実績のある予備校が多くあるということは、それだけ実績のある講師も多いということ。講師を信じ、そして塾を信じて努力すれば、きっと目指す医学部の合格を手にすることができるでしょう。

予備校のみならず、静岡県内には医学部受験の指導に熱心な高校も少なくありません。

2015年度のデータになりますが、圏内で最も多くの医学部合格者を輩出した高校は浜松北高校。医学部合格者が44名を数え、実に卒業生の10.6%が医学部に進学している形です。他にも、加藤学園は卒業生の14.6%にあたる22名、静岡雙葉は卒業生の10.3%にあたる15名が医学部に合格。あるいは、静岡高校、沼津東高校、韮山高校、磐田南高校、富士高校など公立高校の善戦も目立ちます。

以下では、静岡県内で医学部受験に特化している予備校を3校ご紹介。医学部を目指す受験生は、3校いずれも一度は耳にしたことがある予備校でしょう。医学部予備校を検討する際の参考にしてください。

当サイトで紹介している静岡エリアの医学部予備校を、公式HPに記載されている2021年の医学部合格者数が多い順に紹介します。(2021年11月調査)

人気が高い静岡県の大学

浜松医科大学

知識だけでなく、現場で必要とされる臨床面にも優れた医師育成を目指すのが浜松医科大学です。また、医師の育成のみならず、最先端分野での研究も積極的に支援しています。

製造業がさかんな街として知られる浜松。地元企業と提携しての「光医学研究」をおこなっているのが大きな特徴のひとつです。CTやMRIなどのイメージング技術は検査において非常に重要との考えから、光医学でのスペシャリストを育成する研究センターを開設しています。

メディカルラボ 静岡校

個別カリキュラムによる綿密な受験戦略

医学部医学科を目指す受験生のための専門予備校、メディカルラボ。2020年の医学部合格者数は1,213名と、その実績は大手予備校顔負けです。メディカルラボの指導の特徴は、生徒一人ひとりに合わせた細やかな指導体制。入会時も入会後も、随時生徒の状況を詳細に分析しつつ詳細な個別カリキュラムを作成し、各生徒に足りないものをしっかり埋め合わせていきます。

メディカルラボのポイント!

医学部受験のノウハウを知り尽くした塾

メディカルラボは、医学部医学科の受験に特化した、まさに医学部専門予備校。その実力は、過去の合格実績が十分に証明してくれることでしょう。長い指導経験によって蓄積された医学合格のためのノウハウを、惜しみなく生徒一人ひとりに伝授します。

生徒の現状と目標に合わせた個別カリキュラム

同じ医学部を目指す受験生とは言え、現状の成績は千差万別。あるいは同じ偏差値であっても、各生徒で成績の伸ばし方は異なります。生徒の状況を細かく分析し、志望校との溝を埋めていくことが医学部合格へ向けた最短距離。そのため、メディカルラボでは一人ひとりで異なった個別カリキュラムを作成しています。

プロ講師による完全マンツーマン授業

メディカルラボで個別指導を担当しているのは、医系受験指導の経験が豊富なプロ講師のみ。たとえ偏差値が高いとは言え、指導経験の浅い学生講師などが対応することはありません。授業中の生徒の表情も細かくチェックし、理解度を確認しながら授業を展開していきます。

メディカルラボ 2022年度合格実績

医学部 国公立大学 最終合格176名

医学部 私立大学 最終合格1,094名

歯学部 国公立大学 最終合格8名

歯学部 私立大学 最終合格211名

校舎案内

その他の校舎 札幌校、仙台校、さいたま校、千葉柏校、千葉津田沼校、東京お茶の水校、東京新宿校、東京池袋校、東京立川校、町田校、横浜校、湘南藤沢校、名古屋校、金沢校、京都校、大阪梅田校、大阪なんば校、あべのハルカス校、神戸校、岡山校、松山校、小倉校、福岡校、熊本校、鹿児島校

工藤塾

大手予備校の元講師がマンツーマンで指導

工藤塾は、静岡市内にある完全個別指導の医学部専門予備校。塾長の目標は「国公立医学部と東大・京大の合格に特化した塾にする」ことです。授業スタイルは完全マンツーマン指導。各生徒の現状と目標に基づいたオリジナルカリキュラムを作成し、大手予備校での指導経験が豊富な講師が個別で指導していきます。塾長は、元・河合塾の講師兼研修センター長。日本最大の予備校で責任ある立場を歴任してきた、プロ中のプロです。

工藤塾のポイント!

地域密着型の町塾から医学部合格者が続出

工藤塾の2017年度の医学部合格者数は、全体で8名。決して多い数字ではありませんが、そもそも工藤塾は、全国展開する大手予備校ではありません。言わば、地域密着型の町塾です。毎年のように医学部合格者を出す町塾は、全国を見回しても決して多くはないでしょう。少数精鋭のハイレベルな医学部予備校です。

国立医学部に向けた具体的な学習法を樹立

国立医学部に合格するためには、センターで9割以上、2次で7割以上の得点率を必要とします。この目標から逆算し、工藤塾では高1でセンター6割以降、高2でセンター8割以上かつ2次5割以上の得点力を養成。特に差がつきやすい国語は高2の段階ですべて終了させ、余裕を持って他科目に時間を回せる体制を採っています。

オーダーメイドの完全オリジナルカリキュラム

工藤塾の指導方法は、原則として完全マンツーマン授業。よって、他生徒に合わせた進度を採る必要はありません。生徒一人ひとりの現状と目標のギャップを明らかにしつつ、各生徒に応じたオーダーメイドの完全オリジナルカリキュラムを作成。最小の努力で最大の効果を生む指導を行なっていきます。

工藤塾の口コミ

高い学費でも納得の授業でした

個々の適性に合わせた授業が魅力的でした。学費は決して安くはありませんが、それでも納得のいく授業内容です。高齢の先生ながら、いまだに努力を続けている方で尊敬しています。街の中心部にあるため、アクセス面も便利でした。後継者の方々が引き続き塾を支えていってくださることを期待しています。

伝統を感じる雰囲気が魅力です

授業での指導や生徒のスケジュール管理も綿密で、学費は高いと感じませんでした。ペースも早すぎず・遅すぎずで腰をすえて、勉強できる環境です。長い歴史を持つ予備校なようで、校内も伝統ある雰囲気を感じます。自然と気が引き締まり、勉強に集中できたと思います。

大手塾に比べればコスパは高いと感じます

一度は名前を聞いたことがあるような有名予備校に比べ、半分ほどの料金で勉強ができました。とても、安いと思います。夏や冬の集中講義では、1日集中して勉強することができました。自習室も併設されていたので、授業の前後に活用しました。やる気を維持して勉強できるようサポートしてくださり、感謝しています。

工藤塾 2022年度合格実績

医学部

校舎案内

その他の校舎 なし

アズメディ 沼津大岡校

東大理Ⅲも輩出する実力派の医学部専門予備校

アズメディは、医学部・歯学部受験に特化した静岡の家庭教師派遣会社。沼津大岡、大塚(東京)、青山(東京)にある塾と業務提携し、家庭教師派遣業の中で培った医学部指導のノウハウを各校舎で提供しています。過去、東大理Ⅲを含め国公立医学部・私立医学部に多数合格者を輩出。実力・実績とも十分な医学部専門予備校です。

アズメディのポイント!

大手予備校で教鞭をとったプロ講師が指導

アズメディ沼津大岡校で教鞭をとるのは、大手予備校での豊富な指導経験を持つプロ講師のみ。医学部受験に特化して指導してきた講師を採用しているため、その指導力と企画力は抜群の高さを誇ります。

アズメディの「60日間体験」で指導力を体感

アズメディ沼津大岡では、入会を検討中の生徒に「60日間体験」を実施。最初の30日で生徒の弱点を洗い出し、残りの30日で綿密なカリキュラムに基づいた授業を実施していきます。60日もの体験授業を提供している予備校は、他にはないでしょう。

年に3回の特訓合宿

業務提携する予備校で、春期・夏期・冬期の年に3回、特訓合宿を行います。一日中勉強ずくしのハードな合宿ですが、ライバルと切磋琢磨しながらの毎日に達成感を得られることでしょう。達成感の先には、短期で詰め込んだ知識力と演習力が確実に身に付きます。

アズメディ 合格実績

※以下の合格実績について、人数や年度は不明です。

校舎案内

その他の校舎 なし

静岡で医学部予備校を探す

県内には合計14もの大学がありますが、そのなかでも医学部があるのは浜松医科大学のみ。他県に比べて、医学部の数は少ないのが現状です。そのため、浜松医科大学への合格を目指すとともに、県外で医学部進学することも含めて受験プランを立てていくべきでしょう。となりの愛知県には名古屋大学や愛知医科大学、藤田保健衛生大学など医学を学べる大学は多く、県外への進学を考える生徒も多いようです。予備校を選ぶ際は希望大学の対策カリキュラムを用意しているところを選ぶのをおすすめします。

静岡エリアの大学の特徴

浜松医科大学