医学部予備校ナビ「医学部への道しるべ」 » 医学部を持つ全国の名門大学一覧 » 鹿児島大学 医学部

鹿児島大学 医学部

名門大学の医学部情報:鹿児島大学 医学部

アットホームな雰囲気の中で主体性を磨き人間性を育む

鹿児島大学医学部では、「全人的医療を実践しうる医療人の育成並びに独創的研究を行える研究者及び優れた指導者の育成」を目的としています。

学生が自ら考え、体験しながら自主的に学ぶことが大切であるという考えから、一方的な講義の時間を最小限に抑えたカリキュラムを組んでいます。

また、リハビリテーション医学や心身医療学、離島医療学などの授業科目に専任の教員を配置しているのも特徴でしょう。

大規模な大学ではありませんが、だからこそ地方のアットホームな雰囲気の中で主体的に学ぶことができ、市民に信頼される地域密着型の医療従事者を目指すことができ、落ち着いた雰囲気の中で技術や知識のほか、豊かな人間性を磨いていくことができるはずです。

2023年度 医学部入試情報

試験内容 前期・後期など 試験日
センター試験 前期 令和5年1月14日〜1月15日
個別学力検査 前期 令和5年2月25日
個別学力検査 後期 令和5年3月12日

2023年度 医学部入試情報

募集人員 102名(前期69名、後期23名、推薦10名)
試験日程 前期:2月25日(火)26日(水)
後期:3月12日(木)
推薦:2月3日(土)
試験科目 【センター試験】
●前期
■5教科7科目
・国…国語
・地歴…世B・日B・地理B・「倫理・政経」から1科目選択
・数…数I・数A・数II・数B
・理…物・化・生から2科目選択
・外…英

【個別学力検査等】
■3教科4科目
・数…数A(場合の数と確率・図形の性質・整数の性質)・数II・数B(備考参照)・数III
・理…「物基・物」・「化基・化」・「生基・生」から2科目選択
・外…コミュニケ―ション英語I・コミュニケーション英語II・英語表現I・英語表現II
・面接

前年度入試データ

出願実績

年度 募集定員 志願者数 受験者数 合格者数
2022年 107名 769名 430名 110名
2021年 107名 650名 382名 111名
2020年 107名 497名 352名 107名
2019年 107名 821名 418名 107名

上記の倍率に驚きましたでしょうか。ですが、倍率はさほど重要ではありません。 偏差値70の受験生が多い受験校の倍率2倍と偏差値60の受験生が多い受験校の倍率10倍では、天地の差で難易度が変わります。

ただ、医学部受験には万全の体制で臨む受験生が圧倒的にいることに変わりはありません。難関志望校合格を確実にするためにも、在籍生や卒業生から高い評価を 獲得している全国の医学部予備校を検討してみてはいかがでしょうか。

入学試験情報

年度 満点 最高点 最低点 平均点
2022年 前期 1820点 1591.00点 1468.00点 1507.05点
後期 1220点 1098.20点 1013.00点 1038.36点
年度 満点 最高点 最低点 平均点
2021年 前期 1820点 1598.50点 1416.00点 1477.43点
後期 1220点 1026.50点 951.00点 984.46点
年度 満点 最高点 最低点 平均点
2020年 前期 1820点 1637.00点 1476.20点 1526.44点
後期 1220点 1106.20点 986.00点 1033.29点
年度 満点 最高点 最低点 平均点
2019年 前期 1820点 1662.80点 1519.60点 1563.06点
後期 1220点 1106.80点 983.60点 1011.38点

医師国家試験合格率

年度 統 計 新 卒 既 卒
2022年 90.0%(117名) 95.6%(108名) 52.9%(9名)
2021年 86.6%(123名) 94.4%(118名) 29.4%(5名)
2020年 85.8% 91.0%(91名) 46.2%(6名)

奨学金制度

給付総数85名!鹿児島大学独自の給付型奨学金制度

鹿児島大学医学部では、学部学生を対象として独自の奨学金制度「鹿児島大学学業成績優秀学生奨学金」を設けています。これは、学生の勉学意欲及び修学環境の向上並びに優秀な人材の輩出をはかるためのもの。返還不要の給付型奨学金で、給付人数総数は85名。医学部では12名となっています。
このほかにも、経済的理由で学業が困難な方のための「日本学生支援機構奨学金」や、地方公共団体・民間奨学団体による奨学金も用意されており、その都度各学部掲示板にてお知らせしています。

奨学制度名 鹿児島大学学業成績優秀生奨学金
種別 給付型
金額 年額15万円
期間 1年間
対象 奨学金の給付を受ける者(以下「奨学生」という。)は、本学の第1年次から第4年次(医・歯・獣医学科は第6年次)までの学部学生(外国人留学生を含む。)のうち、学業成績が特に優秀であり、かつ、人物的にも優れた者で、各学部において選考の上、推薦された者とする。

日本学生支援機構奨学金

鹿児島大学では、第一種と第二種の2種類の日本学生支援機構奨学金を利用することができます。この奨学金は貸与型となりますが、第一種は利子がなく、第二種は条件が緩やかな代わりに利子があるタイプです。

奨学制度名 日本学生支援機構奨学金
種別 貸与奨学金
金額 第一種:月額2万・3万・4万・4万5千円・5万1千円(4万・5万1千円は自宅外通学のみ)
第二種:月額2万~12万の中から1万刻みで選択可能
期間 貸与開始の年月から卒業、または修了予定の最短年月までの期間
対象 第一種:高校の成績の平均値が5段階で3.5以上、家計を支持する者の住民税が非課税であること
第二種:高校の成績が平均以上、家庭の年収が1,100万円以下(目安)※4人世帯の場合

入学時特別増額貸与奨学金制度

こちらも、日本学生支援機構奨学金から利用できる制度で、希望者は入学時期に一時金を受けられます。1年次生時に1回限りの利用であり、日本学生支援機構奨学金を申し込んだ学生限定です。入学の際には、入学金や進学準備などで資金が必要なので、利息ありではありますが、利用してみるのもひとつの方法でしょう。

奨学制度名 入学時特別増額貸与奨学金制度
種別 貸与奨学金
金額 10万円・20万円・30万円・40万円・50万円から選択
期間 1年次生の入学年月、1回のみ
対象 日本学生支援機構奨学金の申し込みをしていること。

先輩からのメッセージ

人

カリキュラムはもちろん、環境や学祭が良い!

実家は関東なのですが、合格した医学部がここしかなかったので今は大学近くで一人暮らしをしています。

地元と全く違うのが、ここに住む人たちがとても温かいということ。

心が広くて、一人でも安心して暮らせる場所だと思います。

大学のカリキュラムなども満足できるものですが、私としては学園祭もおすすめしたいですね。

鹿児島大学の学祭は、出店もイベントもレベルが高いと他校からも評判で、うちの学生だけじゃなくいろんな人たちが訪れています。

鹿児島大学を検討している人は、学祭はぜひ来てみてください!サークルや部活のメンバーが一丸となって取り組んでいるので、仲間との充実した生活も送れます。

人

鹿児島大学の周囲には学ぶべき施設がいっぱい

鹿児島大学医学部を経て、鹿児島大学病院で研修医をしています。

症例数が多いので、いわゆるCommon diseAse を経験でき、救急の現場を目の当たりにすることも大学病院では稀ではないでしょうか。

プログラム1年目ですが、今実施しているプログラムは自由に組むことができるからいいですね。

学びながら変更したい点も出てくると思うのですが、途中変更も効くので常に満足していられます。

選択肢も広いので、研修しながらプログラムを決めていきたいです。

鹿児島大学には周囲に学ぶべき施設がたくさんあると思います。

都心にはないような魅力がたっぷりなので、地方の大学を視野に入れていない方でも満足できるのではないでしょうか。

大学基本情報

  • 所在地:〒890-8544 鹿児島市桜ヶ丘8丁目35番1号
    JR指宿枕崎線「宇宿駅」下車 約1.4Km
  • 公式サイト:http://www.kufm.kagoshima-u.ac.jp/
  • 電話:099-275-5111