医学部予備校ナビ「医学部への道しるべ」 » 地域別!おすすめ医学部予備校 » 福島の医学部予備校

福島の医学部予備校

福島で通える医学部予備校を一部紹介いたします。

個別教室のトライ

最短ルートを割り出し迷いなく学習に集中

個別教室のトライでは、独自のカリキュラムを作成し、合格までの最短ルートを割り出します。独自のカリキュラムで、生徒一人ひとりの学力や特性に合わせた指導法を行うので、学力アップを実感しやすいのが特徴です。年間、月間、週間と細かく目標設定がされているので、勉強の仕方に迷いがなくズレる心配もありません。また、マンツーマン指導を採用しているので、分からないことはその場で質問できます。苦手科目を克服し、サポート体制万全で、生徒の学力アップに力を注ぎます。

予備校のポイント!

学力や特性の診断に基づいた独自カリキュラム

個別教室のトライでは、学力や特性の診断テストを行い独自のカリキュラムを作成します。オーダーメイドのカリキュラムなので、生徒一人ひとり授業の進め方が異なります。生徒一人ひとり得意科目と苦手科目が異なるためです。苦手科目を集中的に基礎固めを行ってから次に進むようにカリキュラムを組んでいるので、しっかりと理解してから学習できます。

医学部受験を研究したメソッドを採用

個別教室のトライでは、医学部受験を研究しつくした「和田式メソッド」があります。医学部に特化した指導法なので、他の受験対策にはないノウハウが詰め込まれています。志望校の出題傾向と受験生の学力レベルに合わせた指導法なので無駄なく学習に集中できます。

苦手科目に細やかな対応をする教師陣

個別教室のトライでは、マンツーマン指導を行っているので、生徒の特性や学力に合わせて授業の進み具合を変えてくれます。苦手科目ではしっかりと理解するまで繰り返し復習を行いその場で質問も答えてくれるので、分かったふりで次に進むことはありません。また、60分の授業後には、演習問題もあるので、さらに自分が理解しているの自分の目で確かめられます。

口コミ・評判

駅前にあり、通いやすい立地です。開校中は自由に利用できる自習室があり、とても助かりました。清掃もきっちりされており、素晴らしいです。教室の雰囲気が大変明るく、教室長も大変熱心に子どもと向き合ってくれる方で安心して通わせることができました。

参照元:塾ナビ公式HP https://www.jyukunavi.jp/hyouban/blist/12.html?pref_cd=p07

塾内の雰囲気を決める教室長の人柄がとても良いです。面倒見が良く、明るくて、常に子供に声をかけてくれます。挨拶をきちんとすることと、嘘をつかないことを徹底されていました。

参照元:塾ナビ公式HP https://www.jyukunavi.jp/hyouban/blist/12.html?pref_cd=p07&page=2

個別教室のトライ 合格実績

福島校単独 合格実績(直近5年)

国公立大学

私立大学

郡山駅前校 いわき駅前校についての合格実績は見つかりませんでした。

校舎案内

KATEKYO学院

40年間のノウハウを詰め込んだマンツーマン指導

KATEKYO学院では生徒の志望校の分析を徹底的に行い、生徒一人ひとりの特性に合わせた対策を行います。40年のノウハウを活かした指導法を行うため、効率的な授業を受けることが可能。効率の良い勉強法を取り入れることと生徒自身のやる気が上がるので合格率が上がっていきます。医学部合格まで完全マンツーマン指導でサポートするので迷いがありません。

予備校のポイント!

指導力の高いプロ講師によるマンツーマン指導

KATEKYO学院では、完全マンツーマン指導を行っています。1対1での授業のため、その場でわからないことがあったらすぐに聞くことが出来るので取りこぼしがありません。講師はどの方も医学部対策に精通したプロの講師。医学部受験対策を徹底的に研究した教師がそろっています。学習面だけではなく、精神面でもサポートするのが特徴です。

生徒一人ひとりに合わせた「オーダーメイドカリキュラム」

KATEKYO学院では、オーダーメイドカリキュラムを採用。生徒一人ひとりの特性や性格に合わせた指導を行っていきます。受験日から遡った学習計画を細かく立てていくので、迷わず勉強に打ち込めます。完全マンツーマン指導なので、家庭の学習状況によって変更も可能。生徒に寄り添った学習計画が出来ます。

福島県内には13の教室あり通いやすい立地条件

KATEKYO学院は福島には13教室があります。教室は学習環境が整っているので、自主学習スペースに利用する生徒もいらっしゃいます。授業がない日でも問い合わせすれば空き状況によって利用することが出来るので、家での学習で集中できない方におすすめです。

口コミ・評判

教材等は各自先生がベストなものを用意していただけるそうなので成績アップに期待できました。塾内は静かで環境は比較的良かったと思います。駅近くなのですが、明かりはギラギラしてなくて安心しました。

参照元:塾ナビ公式HP https://www.jyukunavi.jp/hyouban/blist/13906.html?pref_cd=p07

苦手教科を手厚くみてもらえます。文系教科に限らず、数学なども教えてくださるのでありがたいです。また、臨機応変な対応をしていただいてます。教え方もとても分かりやすいと思います。

参照元:塾ナビ公式HP https://www.jyukunavi.jp/hyouban/blist/13906.html?pref_cd=p07

KATEKYO学院 福島駅前校 2021年度合格実績

国公立大学

他多数

私立大学

他多数

校舎案内

秀英予備校

生徒の夢実現のために徹底的にサポートします

秀英予備校では、医学部合格のために、学力を引き上げる専用教材や、質の高い授業、学習環境を整え生徒を合格まで全力で応援します。日々の勉強から入試まで的確なチェック指導体制が整っているので、生徒一人ひとりに合った指導をその時々で対応できます。

予備校のポイント!

教師にも適正テストを実施し、より良い授業を展開

秀英予備校の教師は、日々適性テストを行い自分の指導力がふさわしいものか常にチェックしています。日々の教材や定期テストと、入試情報を集めて研究し、自分の知識生徒自身に教えて良いか常に勉強しています。さらに授業コンテストを実施しているので指導力の向上も互いに切磋琢磨しながら精進しています。

3つの学習スタイル方法

秀英予備校は、「集団授業」「秀英iⅮ予備校」「秀英PAS」の3つの学習スタイルがあります。映像授業中心の「秀英iD予備校」ワンランク上の個別指導の「秀英PAS」で、それぞれの個性に合わせた授業展開を多なうことが出来ます。

長年の指導で生かされたレベルの高い教師

秀英予備校では、レベルの高い教師が数多く在籍しています。長年、予備校で培ってきたノウハウを生かし、生徒には分かりやすくとことん教えるのが特徴です。勉強の本質についても力を入るので、生徒自身もよりやる気がアップしていきます。

口コミ・評判

秀英予備校の口コミはありませんでした

秀英予備校 2022年度合格実績

※秀英グループ全体での合格実績になります。

校舎案内

メディカルラボ

完全個別で全教科対応

メディカルラボでは、完全個別の独自のカリキュラムに基づいた勉強方法で、合格への最短ルートを割り出していきます。生徒一人ひとりの学力を把握したうえでの指導法となるので、苦手科目は分かったつもりをなくし、得意科目はさらに伸ばしていくよう指導。さらに、マッチング指導を採用しているので生徒の特性に合った大学を割り出し、志望校と生徒に合った大学を受験することで合格率を引き上げます。

予備校のポイント!

完全個別主義のメソッド

メディカルラボでは、生徒一人ひとりの学力を把握したうえで独自のカリキュラムを作成。最短ルートで受験生を合格までサポートします。志望校の合格ラインを踏まえて、苦手な科目は克服を目指し、得意の科目はさらに伸びるようにサポートさせていきます。

オンラインでも1対1の個別授業

メディカルラボはオンラインでも1対1の個別授業を実施しています。他の予備校は指定科目のみの対応が多い中、メディカルラボでは全科目の1対1の個別授業を行っています。生徒一人ひとりの学力や理解度に応じて授業を進めていくため、『分かったつもり』をなくし、さらなる理解度を深めていくことが可能。一つ一つの積み重ねが合格への一歩へとつながっていきます。

生徒の特性に合わせた大学選び

メディカルラボでは生徒の学力特性と出題傾向によって合格に近い大学をマッチングしていきます。メディカルラボではこれを「マッチング指導」と名づけ、生徒の特性に合う大学を見つけ出し、受験校を複数割り出します。本来の志望校に加えて相性の良い大学を割り出し受験することで合格率を上げる方法です。

口コミ・評判

メディカルラボの口コミは見つかりませんでした

メディカルラボ 2022年度合格実績

医学部 国公立大学 最終合格176名

医学部 私立大学 最終合格1,094名

歯学部 国公立大学 最終合格8名

歯学部 私立大学 最終合格211名

校舎案内

福島のおすすめ予備校

福島県内には医学部が一校しかありません。さらに福島県民のみ学費が安くなる制度や地域枠推薦入試が用意されていることから地元の受験生が集中しやすい傾向にあります。しっかりとした受験対策と、志望校を見据えた自分に合ったカリキュラムを行う予備校選びが大切となってきます。

福島エリアの予備校の特徴

福島県には医学部に特化した予備校があまりありません。全国展開している大手予備校を利用し、映像学習をしながら学ぶスタイルが一般的となっています。また、福島県のみの予備校だけではなく、同じ東北県内の仙台市まで足を運んで予備校に通う生徒も多数見受けられます。自分に合ったカリキュラムのある予備校を広い範囲で選んでいくのが合格へのカギとなるようです。

予備校を選ぶなら

福島県には、予備校があまり多くないので、大手の予備校の福島校舎に入るか、オンライン授業を受けるかのどちらになるでしょう。また、福島県内の予備校にこだわらず、予備校が多くある仙台市まで視野に入れていくのも一つの手です。ただし、通学距離がかなりかかることが難点のため、下宿も視野に入れて予備校に通っているという方もいます。自分に合った方法で予備校選びをしていきましょう。

福島で医学部大学に入学するなら?

福島県内にある医学部は、公立の福島県立医科大学の一校のみです。福島県民のみ学費が安くなることや地域枠推薦入試が用意されていることから県内に住む医学部志望の受験生は福島県立医科大学を目指す生徒が多いでしっかりとした受験対策が必要です。

福島県立医科大学

・募集定員 一般入試80名(一般枠50名、地域枠30名)
・偏差値65.5
・6年間に必要な学費 約350万円

福島県立医科大学の特徴

福島県立医科大学には、医学部、看護学部、保健科学部の3つの部があります。そのうち医学部のカリキュラムでは6年一貫らせん型カリキュラムを導入。こちらのカリキュラムは福島県立医科大学独自のカリキュラムで、基本的な内容の周辺に螺旋状に様々な科目を配置しているのが特徴です。様々な科目を螺旋状に行き来しながら各自の成長や習熟度に合わせ6年間を通して繰り返し学べるスタイルとなります。

具体的には、1年次に医学の基本を抑え医学を取り巻く課題を様々な方向から捉える考え方を学びます。2年〜4年次には、人体の構造を学び、そこから医療の実際保健福祉や社会の関わりまで徹底的に学ぶスタイル。

5年〜6年次は、これまで学んできた基礎を元に、コミニケーション能力や問題解決能力を発揮しながら実際の医療チームの一員として参加し、人間性を培いながら医療の即戦力となる人材を育成していきます。