医学部予備校ナビ「医学部への道しるべ」 » 医学部専門予備校リスト » 京都医塾

京都医塾

卒業生の大半が医学部に
合格する脅威の予備校

入塾テストを実施せず、申込の先着順で入塾するスタイルの京都医塾。それにもかかわらず、卒業生の大半が医学部合格を手にしている実績は、決して偶然の産物ではありません。個別指導による生徒ごとの効率的な学習管理、そして復習の徹底による知識の着実な蓄積が、京都医塾の実績の理由です。

ここがポイント!

驚異の合格率!特に地元医学部に強い

2017年度の医学合格実績は、国公立大学が70%(10名中7名合格)、私立大学が81%(53名中43名合格)という驚異的な数字をあげました。エリアを代表する医学部、京都府立大学・奈良県立大学・大阪医科大学・完済医科大学・兵庫医科大学・近畿大学をすべて合わせると、実に51名の合格者数です。

原則として完全1対1の個別指導

京都医塾の授業スタイルの基本は、原則として完全1対1の個別指導。個別だからこそ、講師は生徒それぞれの弱点や思考のクセなどを把握できるため、限られた時間の中で効率的な受験勉強を進めることができます。

徹底的な復習の習慣化

授業開始から最初の10分は、前回の授業の小テストを実施。いかによい授業を提供しようとも、生徒が知識を着実に蓄積しなければ成績は上がらないという勉強の原点に立ち返り、徹底した復習の習慣化を義務付けています。

京都医塾のプロ講師陣の
特徴

継続の大切さを伝え続ける
清家先生

東大大学院から信州大医学部に再受験し、医師として卒業も果たしたという異色の経歴を持つ清家先生。入試数学の「基本と継続」の大切さを叩き込むプロ講師です。入試数学を身につけるには毎日の継続が不可欠ですが、そのためには膨大な時間が必要。当然、他科目とうまくバランスを取って時間を確保していくことが求められます。

京都医塾では、科目ごとの講師が密に連携を取り合い、それぞれの科目で必要な勉強量を確保するために適切なスケジュールを管理。時間管理が苦手でバランスよく勉強することができないという生徒にとっては大きな救いとなるはずです。

受験後にも役立つ思考力を
授ける井崎先生

生物担当の井崎先生は、「なぜ」という視点を尊重し、伸ばす指導を大切にしています。生物は、目の前で起こっている現象から「なぜそうなるのか」を考察する学問です。機械的に暗記するのではなく、それぞれの現象の理由や意味を深く考えるという視点を重視。生物だけでなく、ほかのすべての教科にも応用できる論理的思考力を身につけられます。

井崎先生の指導で身につく「考える力」は、医師となった後も必ず役に立つ大きな武器となるでしょう。生徒の「なぜ」に答えるため、わからない部分の質問にも根気よく丁寧に対応しています。

総評

合格までに4浪も5浪もすることが珍しくなくなった、現代の医学部受験。そのような中で、受験者の大半が医学部合格を手にする京都医塾の実績は、決して偶然ではありません。

個別指導によるきめ細やかな指導、そして復習の徹底による知識の着実な蓄積。受験勉強に王道はないことを実績で証明しているかのような医学部専門予備校と言えるでしょう。入塾テストはない塾なので、最初から優秀な生徒ばかりを集めて実績をあげている塾とは一線を画します。

将来を左右する医学部受験。必ず合格したいですよね。自分と相性のいい予備校かどうかは、注意深く選ぶべきです。次のページで在籍生や卒業生から高い評価を獲得している全国の医学部予備校を紹介しています。ぜひチェックしてみてください。

受験生必見!
他では教えてくれない
医学部予備校の選び方

京都医塾卒業生の
口コミ・評判

目に見えるほどの成長を
日々感じた

多くの素晴らしい先生方に指導していただき、目に見えるほどの成長を日々感じながら過ごしました。闘病のサポートまでしていただいたことは、本当に感謝しかありません。

成績がどんどん伸びた

どの教科が武器になるか、その教科のどこをどのくらい伸ばすのかなどを教えていただき、勉強の仕方が分かるとモチベーションが上がったのを覚えています。意欲的に勉強するようにもなるため、成績がどんどん伸びました。

手厚いフォローをしてくれる

手厚いフォローをしてくれることが、京都医塾の一番の魅力だと思います。医学部受験に特化した内容のオリジナルテキストがあるので、とても効率よく知識を学ぶことができました。

京都医塾卒業生の
保護者の声

口コミは見つかりませんでした。

2022年度合格実績

人数 431名
合格した大学 私立医学部医学科・・・川崎医科大学、金沢医科大学、帝京大学、福岡大学、愛知医科大学、藤田医科大学、杏林大学、兵庫医科大学、獨協医科大学、埼玉医科大学、岩手医科大学、久留米大学、聖マリアンナ医科大学、近畿大学、北里大学、大阪医科薬科大学、東海大学、関西医科大学、東北医科薬科大学、東京女子医科大学、昭和大学、慶応義塾大学、日本大学、東京慈恵会医科大学
国公立医学部医学科・・・京都府立医科大学、奈良県立医科大学、大分大学
省庁大学校・・・防衛医科大学校

京都医塾の予備校情報

授業タイプ 個別指導・集団指導
※個別指導が中心
コース ■国立医学部受験コース
毎日、朝から夕方まで完全1対1の個別指導で授業を行ないます。授業後は20:30まで講師が学習のフォロー。以後は22:10まで自習室での学習となります。
■私立医学部受験コース
授業スタイル、フォロースタイルは、国立医学部受験コースと同じです。生徒の選択科目や志望校に応じ、適宜、個別指導の内容を変えて授業を行ないます。
■高校生科
個別指導と集団授業を交えながら、生徒一人ひとりに応じたオリジナルカリキュラムで授業を進めます。もちろん医学部合格を目標としたカリキュラムです。
■中学生科
生徒の状況に応じ、個別指導と集団指導を交えたオリジナルカリキュラムで授業を進めます。中学生ながら、医学部合格を見据えた授業内容となっています。
学費 学費年間授業料(高卒生の目安)5,171,400円(税込)
入塾金 110,000円(税込)、カリキュラム作成・学習管理費 550,000円(税込)
その他諸費用 550,000円(税込)
学費の詳細については、京都医塾に直接お問い合わせください。
寮・環境 株式会社学生情報センターと業務提携し、希望の学生に対して提携寮の紹介を行なっています。

京都医塾の校舎情報