choice 医学部合格への道 Road to Success

Road 09 医学部を受験するなら
模試をフルに活用しよう

医学部の受験に欠かせない存在であるのが、各予備校で実施されている模試です。様々なタイプの模試が行われていますが、こちらでは「医学部受験のために受けておきたい模試」をピックアップしました。また、模試を受けるときの注意点や、有効活用する方法についても触れていますので、模試を受けるときの参考にしてください。

医学部予備校のおすすめ模試10選

【メディカルラボ】私立医学部模試

メディカルラボの「私立医学部模試」では、大学ごとに出題傾向や出題方法が異なることに着目し、最も相性の良い大学を導き出せるようになっています。受験先を偏差値だけで決めてしまうと、相性の良くない大学での受験を繰り返す可能性も。私立医学部模試を受けることで、自分が合格しやすい大学を知ることが可能です。

受験方式 会場受験
受験料 5,000円(税込)
会場 全国22か所
札幌、仙台、さいたま、千葉、御茶ノ水、新宿、池袋、立川、横浜、名古屋、金沢、京都、梅田、なんば、神戸、岡山、広島、松山、福岡、熊本、鹿児島、那覇

【メディカルラボ】私立医学部大学別実力判定テスト

全国10もの医科大学の入試傾向を踏まえ、メディカルラボの講師陣が作成する模試です。対応する大学は、岩手医科大学、埼玉医科大学、杏林大学医学部、順天堂大学医学部、東京医科大学、藤田保健衛生大学医学部、近畿大学医学部、兵庫医科大学、川崎医科大学、福岡大学医学部。過去に該当大学を受けた生徒の合否から、合格確率を導き出します。

受験方式 会場受験
受験料 2,000円(税込)
会場 全国22か所
札幌、仙台、さいたま、千葉、御茶ノ水、新宿、池袋、立川、横浜、名古屋、金沢、京都、梅田、なんば、神戸、岡山、広島、松山、福岡、熊本、鹿児島、那覇

【河合塾】全統医進模試

全統模試は、2016年度には307万人もの受験生が受けたという、名の通った予備校模試です。年間40回以上行われており、合格可能性評価の精度が高い模試であると言われています。記述式の問題はもちろんのこと、小論文試験にも対応しているので、本番さながらの模擬試験を受けることが可能。模試自体のレベルも高く設定されており、どの大学の医学部を受験するにしても、まずは受けておきたい基本となる模試でしょう。

受験方式 会場受験
受験料 5,960円(税込)
会場 全国47か所(47都道府県)

【河合塾】全統マーク模試+全統センター試験プレ模試

全統マーク模試と全統センター試験プレ模試は、セットで受けることで、センター試験と二次試験のドッキング総合評価を知ることができるため、両方受けることがおすすめ。国公立大学だけで第5志望までの合格可能性評価を出してくれます。センター試験対策や、学力の確認に最適な模試で、センター試験の予行練習として活用したい模試です。

受験方式 会場受験
受験料 全統マーク模試 5,360円(税込)
全統センター試験プレ模試 リスニングあり:6,280円(税込)
リスニングなし:5,140円(税込)
会場 全国47か所(47都道府県)

【駿台】駿台全国模試

駿台の講師陣が作成する問題による模試。問題や採点にこだわっていて、模試を受けた生徒に「考える力」を身につけさせることを重視しています。さらに、間違った問題を自分で解消できるように、解答には丁寧な解説つき。どうして間違えたのか、どういう考えが正しいのか、自分で考えることができるため、二度目の間違いを阻止できるでしょう。

受験方式 会場受験
受験料 4,800円(税込)
会場 全国37か所
札幌、仙台、東京10か所、大宮、横浜3か所、藤沢、千葉3か所、浜松、名古屋2か所、京都3か所、大阪6か所、神戸、西宮、西大寺、広島、福岡

【代々木ゼミナール】入試プレテスト

早大、慶大、東大、京大など、受験する大学別に作成された、入試のプレテストを行う模試です。大学ごとの出題傾向や出題形式に則って行われるので、かなり実際の入試に近い感覚で受けることができるでしょう。名大入試プレでは、各教科で行われる小論文に添削指導がついてくるため、より高いレベルで入試対策ができるようになっています。

受験方式 会場受験
受験料 大学別入試プレ 5,200円(税込)
名大入試プレ 6,000円(税込)
会場 対象となる大学によって会場決定
札幌、仙台、東京、新潟、名古屋、大阪、京都、広島、福岡、北九州など

【東進ハイスクール】センター試験本番レベル模試

東進ハイスクールの模試は、成績表が充実しているという点が特徴的。成績表は16ページにも及び、1週間という短期間で返却されるため、記憶が新しい間に模試の復習をすることができます。さらに、合格まであと何点足りないか、が判明する「絶対評価」と受験者の順位による「相対評価」の2つの評価で、現在の学習進度がわかりやすく表示されます。

受験方式 会場受験
受験料 電話申込 4,320円(税込)
インターネット・窓口申込 3,456円(税込)
会場 47都道府県にある、東進ハイスクール、東進衛星予備校の校舎全て

【野田クルゼ】クルゼ模試

クルゼ模試の最も特徴的な点は、「医学系大学に特化した模試」であるという点です。医学部、歯学部、薬学部への受験を専門にした予備校で、その受験のために作られている模試のため、医学部受験生にとっては無駄がありません。医学系学部の過去の出題傾向を分析して、その年度の問題傾向を予測しているため、実際の入試で出題される可能性の高い問題を解くことができます。会場は東京のみとなっているにも関わらず、全国から受験生が集まるというほど、高い評判を得ている模試です。

受験方式 会場受験
受験料 記載なし
会場 東京・神田駿河台

【東京医進学院】私立医系大模試

私立医系大学に絞った模試を行っています。英語、数学、理科などの教科の他に、医系小論文も出題されるため、高いレベルの模試を受けたいという方におすすめです。会場は東京の市ヶ谷のみとなっていますが、予備校の模試としては珍しく、在宅受験も可能。全国どこにいても受けることができるため、医学部を目指すのなら受けておきたいところです。

受験方式 会場受験、在宅受験
受験料 会場試験 3教科:2,700円(税込)
4教科:3,240円(税込)
在宅試験 3教科:3,780円(税込)
4教科:4,320円(税込
会場 東京・市ヶ谷

【進学塾ビッグバン】医系大学プレ入試&解説講座

こちらも、医系大学に特化した模試で、医学部専門予備校である、進学塾ビッグバンの講師によって作成された問題を使用しています。入試当日に実力を発揮できるように、本番さながらの環境にこだわって行われる模試は、問題や形式も入試に似せて作られたもの。模試のあとには解説講座もあるので、疑問点をすっきり解消することができるでしょう。

受験方式 会場受験、在宅受験
受験料 帝京大学医学部 19,200円(税別)
在宅試験 25,600円(税別)
会場 全国3か所
お茶の水、梅田(2018年に茨城校から移転)、なんば

予備校の模試を受けるときの注意点は?

成績表に表示される評価は判断基準に過ぎない

成績表にはアルファベットによって、合格ラインかどうかが表示されています。ですが、それらは全て、合格の可能性を判断しているものではありません。D判定だったのであればその判定を活かして、受験校を変更する、苦手科目を徹底的に学習する、などの対策をとることができます。大学別の模試であれば、その大学の受験生がどの程度のレベルなのか、ということを知る指標としても活用できます。

模試の点数は気にしすぎないこと

模試が行われる時期は、その模試によって異なりますが、夏ごろに行われる場合も多くなっています。入試に則した模試を解いているのですから、夏から受験までの期間を考えると、多少点数が悪くても仕方がありません。点数を気にしすぎて勉強に集中できない、という事態にならないように、「本番に近い感覚の試験を受けた」を割り切ることも大切です。

模試を有効活用するための方法

苦手な部分を確認する

模試を受けることによって、どの部分の強化が足りていないのかを、客観的に判断してもらうことができます。そのため、模試の結果が返却されたら、まずは不足している部分を見つけてください。しっかりと点数が取れている部分はそのまま伸ばし、不足している部分は補いましょう。

試験本番の予行練習として利用する

学習していたことが全て身についていたとしても、入試本番のときに、その実力を発揮できなければ意味がありません。模試は本番に近い環境、形式で行われるため、入試の状況に慣れるための予行練習として有効です。本番には少なからず緊張するものですから、緊張した状態の中でどれだけ実力が発揮できるか、ということが結果を左右します。

間違いを分析・復習する

返却された結果で最も大切な部分は、間違ってしまった問題です。どうして間違えたのか、どうすれば正解できたのか、ということを分析して、復習に役立てることこそが模試の役割です。この小さな積み重ねを続けることによって、正答率は着実に上がっていくことでしょう。

模試を受けることで試験に慣れて精度を高めよう

模試を受ければ、実際の入試に近い体験ができますし、自分の苦手とする部分が浮き彫りになってきます。その点で、予備校の模試を受けることは、非常に有効だと言えます。ご紹介したポイントを意識しながら、何回か模試を受けていくと、徐々に精度は高まっていくと思います。各予備校では様々な模試が行われており、医学部に特化したものも豊富に存在します。自身の学習進度を計るためにも、定期的に模試を受けてみると、学習にも張りが出るのではないでしょうか。

  • 医学部に合格させる保護者の心得
  • 医学部専門予備校の選び方

メニュー