choice Elementary Knowledge 浪人生でも大丈夫! 医学部浪人の基礎知識

医学部はほかの学部と比べて浪人生の割合が高いです。一浪、二浪だけでなく多浪が多いのも特徴。こちらでは浪人生の生活や勉強法、費用、予備校の選び方についてご紹介します。次の受験で絶対に合格するという気合いで挑みましょう。

「医学部」浪人の特徴

医学部浪人とは、医学部を目指して浪人している人のこと。特に国公立の医学部は難易度が高く、浪人しながら何度もチャレンジする人は少なくありません。浪人には家で勉強する宅浪と、予備校に通うタイプがあります。効率的に勉強するためには、予備校通いのほうがおすすめです。

医学部合格者は浪人生の割合が高い

医学部のなかには、合格者の半分以上が浪人生という大学も少なくありません。長崎大学は現役生24.6%、浪人生が75.4%となっており、浪人生が多数を占める状態。東京大学のように現役生が81.6%というケースもありますが、多くの大学で浪人生が現役生の割合を上回っています[注1]。二浪、三浪を経て合格する人も珍しくはないのです。

【注1】富士学院:《2016年度入学者の現浪・男女内訳 国公立大学ー北海道・東北・関東・中部地区》

現役生との違い

高校に通いながら勉強する現役生と違い、浪人生は1日の大半を受験勉強にあてることができます。さらに、受験範囲の勉強をすでに終えているのも大きなアドバンテージ。現役生はまだすべての範囲を習っていないこともあるためです。しかし油断しているとすぐに追いつかれてしまいます。次の受験で合格をつかむためには、綿密なスケジュールを組むことが大事です。

  • 医学部に合格させる保護者の心得
  • 医学部専門予備校の選び方

メニュー